コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒューストン ヒューストン Houston, Sam (Samuel)

12件 の用語解説(ヒューストンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒューストン
ヒューストン
Houston, Sam (Samuel)

[生]1793.3.2. バージニアレキシントン
[没]1863.7.26. テキサスハンツビル
アメリカの軍人,政治家。テキサス共和国大統領 (在任 1836~38,41~44) 。 1813年軍隊に入り,A.ジャクソンの指揮下でクリーク戦争に従軍。 18年に退役。法律を学びテネシー弁護士を開業。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ヒューストン
ヒューストン
Huston, John

[生]1906.8.5. ミズーリネバダ
[没]1987.8.28. ロードアイランド,ニューポート
アメリカの映画監督,脚本家,俳優。父はウォルター・ヒューストン1941年『マルタの鷹』 Maltese Falconで監督としてデビュー。以後,ハードボイルドタッチの作風で成功した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ヒューストン
ヒューストン
Houston

アメリカ合衆国テキサス州南東部の都市。運河によって外洋に通じる内陸港。メキシコ湾岸平野に位置し,アメリカの宇宙開発事業の中心地。 1826年入植が始り,37~39年にはテキサス共和国の首都となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ヒューストン(Houston)

米国、テキサス州の商工業都市メキシコ湾と通じる水路をもつ。周囲に油田があり、石油化学工業が盛ん。また農産物の集散地。NASA(ナサ)ジョンソン宇宙センターがある。人口、行政区224万(2008)。

ヒューストン(John Huston)

[1906~1987]米国の映画監督・脚本家・俳優。自ら脚本を手がけた「マルタの鷹」で監督デビューを果たし、「黄金」でアカデミー賞の監督賞・脚本賞を受賞。他の監督作に「アスファルトジャングル」「アフリカの女王」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ヒューストン

米国,テキサス州南東部の工業都市。メキシコ湾に臨むガルベストン湾とヒューストン運河で結ばれる港湾都市。油田地帯の中心で石油精製のほか合成ゴム,採油機械,航空機,造船などの工業が行われる
→関連項目ガルベストン

ヒューストン

米国の映画監督。ミズーリ州生れ。父は俳優のウォルター・ヒューストン。H.ボガート主演の監督第1作《マルタの鷹》(1941年)はハードボイルド映画の規範となった。
→関連項目ギッシュバコール

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ヒューストン【Houston】

アメリカ合衆国テキサス州東部,メキシコ湾に比較的近い位置にある同州最大の都市。人口170万2000(1994,全米4位),大都市域人口350万(1992)。1826年に町が建設されたが,36年メキシコとの戦争で破壊された。同年,新たな町の建設にあたって,テキサス共和国のメキシコからの独立のために戦った英雄S.ヒューストンを記念して命名された。当時の戦跡サン・ハシントSan Jacintoが東郊にある。

ヒューストン【John Huston】

1906‐87
アメリカの映画監督。戦後の〈赤狩り〉の世代(ジョルジュ・サドゥールは〈ハリウッド失われた世代〉と呼んだ)の監督の一人。〈赤狩り〉への抵抗とみなされた《勇者の赤いバッヂ》(1951)がプロデューサーの手でずたずたにカットされたあと,画家ロートレックの伝記映画(《赤い風車》1952),西部劇(《許されざる者》1960,《ロイビーン》1972),スペクタクル史劇(《天地創造》1965),スパイ映画(《クレムリンレター》1970,《マッキントッシュの男》1972),ミュージカル(《アニー》1982)等々,何でもこなす職人監督としてそのディレッタンティズムをつらぬく。

ヒューストン【Samuel Houston】

1793‐1863
アメリカの政治家。バージニア州生れ。1823‐27年合衆国下院議員,27‐29年テネシー州知事。35年以降,メキシコからの独立をめざすアメリカ系テキサス軍を指揮し,36年4月メキシコの独裁者サンタ・アナ将軍を捕虜にし,テキサスの独立を承認させた。同年,最初のテキサス共和国大統領に当選し,38年には落選したものの41年には再選された。45年テキサスが合衆国に合併されるや同州選出の上院議員として13年間働き,59年同州知事に当選した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ヒューストン【Houston】

アメリカ合衆国、テキサス州南東部にある港湾都市。ガルベストン湾を経てメキシコ湾に通じる。石油・綿花の積み出しが盛ん。石油化学・機械製造などの工業が発達。郊外にナサ(NASA)の宇宙センターがある。

ヒューストン【John Huston】

1906~1987) アメリカの映画監督。「マルタの鷹」「キー-ラーゴ」など、ハンフリー=ボガートを主演にした一連の作品で注目される。他に「赤い風車」「白鯨」「許されざる者」「荒馬と女」「天地創造」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のヒューストンの言及

【ヒューストン】より

…1826年に町が建設されたが,36年メキシコとの戦争で破壊された。同年,新たな町の建設にあたって,テキサス共和国のメキシコからの独立のために戦った英雄S.ヒューストンを記念して命名された。当時の戦跡サン・ハシントSan Jacintoが東郊にある。…

※「ヒューストン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ヒューストンの関連キーワードカサベテス赤狩り・赤狩赤狩アメリカ アメリカアメリカの影アメリカの友人アメリカを斬る映画に愛をこめて/アメリカの夜静かなアメリカ人ロージー

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ヒューストンの関連情報