コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒヨドリ ヒヨドリ Hypsipetes amaurotis; brown-eared bulbul

3件 の用語解説(ヒヨドリの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒヨドリ
ヒヨドリ
Hypsipetes amaurotis; brown-eared bulbul

スズメ目ヒヨドリ科。全長 28cm。背面は灰褐色で,頭部はやや白っぽい。腹面は淡く,白斑がある。耳羽は栗色。尾は煙黒色で長い。常緑広葉樹林に最も多くすんでいるが,都市のなかにもみられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ヒヨドリ

ヒヨドリ科の鳥。翼長13cm。青灰色で尾は長い。日本全土,朝鮮半島南部,台湾などに分布し,北方のものは冬,南へ渡る。低山の林に多く,枝上に小さい巣を作る。冬は平地に漂行。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヒヨドリ
ひよどり / 鵯
bulbul

広義には鳥綱スズメ目ヒヨドリ科に属する鳥の総称で、狭義にはそのうちの1種をさす。この科Pycnonotidaeの鳥は16属118種があり、アフリカのみに生息するものは58種、ほかはインド東南アジアなどに分布する。全長14~28センチメートル。尾羽は長めで、色彩は多くの種が黄緑色系ないし灰褐色系、雌雄同色のじみなものが多い。このうち日本に生息するのはヒヨドリとシロガシラの2種である。シロガシラ属35種中の1種シロガシラPycnonotus sinensisは琉球(りゅうきゅう)諸島の石垣島、西表(いりおもて)島、中国中部以南にも留鳥として生息している。
 種のヒヨドリHypsipetes amaaurotisはヒヨドリ属20種中の1種で、同科で最北限に分布する日本列島特産種である。南千島、北海道、本州、四国、九州、琉球諸島や台湾の蘭嶼(らんしょ)、その南の海上に浮かぶバタン、フガ、バブヤンなどの小さな島嶼に分布する。北方の寒冷地に繁殖するものは秋・冬季に南部の暖地に数百羽ごとの群れをなして移動するが、琉球諸島以南や小笠原(おがさわら)諸島などの島嶼に生息するものはほとんど移動することがなく、したがってごく限られた地域にすむ島嶼型となり、若干色彩や大きさに変化を生じている。そのためヒヨドリはさらに12の亜種に分類され、アマミヒヨドリ、リュウキュウヒヨドリ、イシガキヒヨドリ、オガサワラヒヨドリなどとよばれているが、渡りをするのはエゾヒヨドリとヒヨドリとである。
 全長約27.5センチメートル。主色は暗青灰色で尾が長く、全体として細長い鳥である。頭頂、後頸(こうけい)は青灰白色で羽毛の先端はとがる。上面は暗青灰色、下面は灰褐色と白色とのまだら。耳羽からのどにかけて栗(くり)褐色斑(はん)がある。広い翼を羽ばたいては体につける動作を繰り返し大きな波状を描いて飛ぶ。常緑広葉樹林にすみ、ピーヨ、ピーヨとにぎやかに鳴き、虫、木の実、花の蜜(みつ)などを好んで食べる。樹木や庭木が多ければ公園や市街地にも現れ、人工の餌(えさ)台にもよく集まる。[坂根 干]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヒヨドリの関連キーワードサワヒヨドリ磯鵯花鳥小椋鳥知目鳥入内雀岩雲雀ひよどり草紙ヒヨドリ(鵯)

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ヒヨドリの関連情報