コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒワ finchs

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒワ
finchs

スズメ目アトリ科などの種子食で,の太くがっしりした小鳥の総称。アトリ科だけでも 200種を上回る。全長 10~24cm。羽色は緑黄色のものと淡紅色のものが多く,一般に背には縦斑がある。嘴は短く,円錐形をしている。森林や疎林にすみ,草や木の種子のほか昆虫類なども食べる。おもにユーラシア大陸,北アフリカ南アメリカ北アメリカに分布しており,カナリア属,カワラヒワ属,マヒワ属,ハギマシコ属,イスカ属,ウソ属など多くの属の鳥が含まれる。日本に分布する鳥も多い。代表的な種としてゴシキヒワ,オウゴンヒワ Spinus tristis,ショウジョウヒワ S. cucullataマヒワなどがある。日本にはカワラヒワベニヒワ,マヒワなどが分布する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ヒワ

アトリ科の鳥の一部の総称。日本ではマヒワカワラヒワ,ベニヒワ,コベニヒワの4種が見られる。いずれも小型の鳥。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヒワ
ひわ / 鶸
finch

鳥綱スズメ目アトリ科ヒワ亜科に属する鳥の総称。また狭義には、マヒワ、まれにカワラヒワの略称としても用いる。英語のフィンチfinchは、以前はヒワ亜科に似た穀食型の嘴(くちばし)をもつ小鳥、すなわちアトリ科、ホオジロ科、カエデチョウ科およびハタオリドリ科の総称として用いられ、現在も英名に残っている種が多い。ヒワ亜科Carduelinaeには約120種があり、ユーラシア、アフリカ、南北アメリカに広く分布し、日本でもベニマシコ、ギンザンマシコ、イスカ、シメ、ウソ、マヒワ、ベニヒワなど16種が記録されている。いずれも穀食型の短く太い嘴をもち、樹木や草の種子をおもに食べる。一般に雌雄異色で、雄は赤色または黄色の羽色をもつ種が多く、日本の伝統色である鶸(ひわ)色は、マヒワの雄の緑黄色に由来する。[竹下信雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ヒワの関連キーワードデヒワラ・マウント・ラビニアデヒワーラマウントラビニアデヒワラマウントラビニアクサカリドリ(草刈鳥)ルアヒワペトログリフズグロチャキンチョウマウントラビニアルアヒワの石文字ウフィツィ美術館キンレイチョウデヒワラ動物園クサカリドリウズベク語ヒワ(鶸)サヒワール小河原鶸デヒワラ湯川 仁河原雀焼き鳥

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ヒワの関連情報