ビタミンB12(読み)ビタミンビーじゅうに(英語表記)vitamin B12

  • ビタミンビーじゅうに ‥ビージフニ
  • ビタミンビーじゅうに〔ジフニ〕

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シアノコバラミンともいい,吸湿性暗赤色結晶。造血機構に関与し,アミノ酸代謝における補酵素の働きをする。肝臓抽出物質から発見された。ビタミンB12欠乏症の特徴は体細胞が巨大になることで,悪性貧血の場合の巨赤芽球性貧血が代表的である。このほか,胃全摘,妊娠,広節裂頭条虫症,盲管症候群などでも起る。肝臓から有効成分を抽出し製剤した 15~30μgのシアノコバラミン製剤の注射を行えば,悪性貧血をはじめとする各種貧血,栄養性神経疾患,肝硬変症,放射線障害などに卓効がみられる。吸収率の悪いのが欠点で,それを改善するために,ヒドロキソコバラミンや補酵素型のメコバラミンが研究・開発された。副作用の報告はほとんどない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典の解説

水溶性ビタミンのひとつ。魚介類、海藻類、肉類などに多く含まれる。たんぱく質ビタミンC葉酸のサポートにより、骨髄で赤血球のヘモグロビン合成を促し、悪性貧血を予防する働きをもつほか、炭水化物脂肪分解遺伝子の素材となる核酸合成、精神安定、細菌・ウィルスに対する抵抗力の強化、生殖機能の正常維持、動脈硬化症の予防などに効果が期待できる。◇赤血球の合成に深く関わるため、「造血のビタミン」、「赤いビタミン」などとも呼ばれる。

出典 講談社漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 水溶性ビタミンの一つ。ビタミンB複合体の一つ。化学名をシヤノコバラミンといい、分子内にコバルト原子一個を含む。赤色柱状結晶。欠乏症は悪性貧血。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

自由放任主義

自由に個人の利益を追求させ,競争させることが社会全体の利益の増進に役立つという主張。 A.スミスは『国富論』において,フェアプレイの原則に基づく自由競争こそ見えざる手による社会の繁栄をもたらすとし,一...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ビタミンB12の関連情報