コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビタミンB12 ビタミンビーじゅうにvitamin B12

5件 の用語解説(ビタミンB12の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビタミンB12
ビタミンビーじゅうに
vitamin B12

シアノコバラミンともいい,吸湿性暗赤色結晶。造血機構に関与し,アミノ酸代謝における補酵素の働きをする。肝臓抽出物質から発見された。ビタミンB12欠乏症の特徴は体細胞が巨大になることで,悪性貧血の場合の巨赤芽球性貧血が代表的である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ビタミン‐ビーじゅうに〔‐ジフニ〕【ビタミンB12

ビタミンB複合体の一。酵母胚芽(はいが)などに含まれ、ポルフィリンに似たコリン環の中心にコバルトイオンを含む化学構造をもつ。欠乏すると悪性貧血を起こす。シアノコバラミン

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

栄養・生化学辞典の解説

ビタミンB12

 牛糞因子,外因子,動物性タンパク質因子ともいう.B群ビタミンの一つ.分子内にコバルトを含む.ヒト血漿中の正常値は150pg/ml以上とされる.

出典|朝倉書店
栄養・生化学辞典について | 情報

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典の解説

ビタミンビーじゅうに【ビタミンB12

水溶性ビタミンのひとつ。魚介類、海藻類、肉類などに多く含まれる。たんぱく質ビタミンC葉酸のサポートにより、骨髄で赤血球のヘモグロビン合成を促し、悪性貧血を予防する働きをもつほか、炭水化物・脂肪の分解、遺伝子の素材となる核酸の合成、精神安定、細菌・ウィルスに対する抵抗力の強化、生殖機能の正常維持、動脈硬化症の予防などに効果が期待できる。◇赤血球の合成に深く関わるため、「造血のビタミン」、「赤いビタミン」などとも呼ばれる

出典|講談社
漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ビタミンB12
びたみんびーじゅうに

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ビタミンB12の関連情報