ビニル樹脂(読み)ビニルじゅし(英語表記)vinyl resin

翻訳|vinyl resin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビニル樹脂
ビニルじゅし
vinyl resin

単量体として,ビニル化合物を重合して得られる樹脂。一般に直鎖状の高分子であって,現在使用されている熱可塑性樹脂大部分を占めている。特に,ポリエチレンポリ塩化ビニルポリスチレンの生産量が多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ビニルじゅし【ビニル樹脂 vinyl resin】

末端二重結合(ビニル基CH2=CH-またはビニリデン基CH2=C=)を有するモノマーを重合して得られるポリマーあるいはこれから得られる樹脂の総称。塩化ビニル樹脂(ポリ塩化ビニル),酢酸ビニル樹脂(ポリ酢酸ビニル),塩化ビニリデン樹脂(ポリ塩化ビニリデン)のほか,ポリビニルアルコールポリビニルアセタールなどがあるが,一般には塩化ビニル樹脂を指すことが多い。【森川 正信

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ビニルじゅし【ビニル樹脂】

塩化ビニル・酢酸ビニル・ビニルアセチレン・スチレンなどのビニル化合物(ビニル基を含む化合物)の重合体から成る合成樹脂の総称。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ビニル樹脂
びにるじゅし
vinyl resin

ビニル基CH2=CH‐をもった単量体(モノマー)をビニル単量体とよび、これを重合させたものの総称である。ビニル樹脂とよぶのは、塩化ビニルのように、ビニルの名称をもつ重合体(ポリマー)だけをいい、塩化ビニル樹脂とか酢酸ビニル樹脂などがそうである。ビニル基がついていても特有の呼び方をするビニル単量体があり、それらの重合体はビニル樹脂とはいわない。[垣内 弘]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ビニル‐じゅし【ビニル樹脂】

〘名〙 アセチレンを主原料とする透明な合成樹脂。ポリ酢酸ビニル、ポリビニルアルコール、ポリ塩化ビニル、ポリプロピレンなど。〔百万人の科学(1939)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

山鉾

神社の祭礼に引かれる山車の一つ。車の台の上に家や山などのつくりものをして,その上に鉾やなぎなたなどを立てたもの。平安時代の大嘗祭に悠紀(ゆき),主基(すき)の両国から出された標山(しるしのやま)に始ま...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ビニル樹脂の関連情報