ビネガー(英語表記)vinegar

翻訳|vinegar

百科事典マイペディアの解説

洋酢とも。ブドウ酒からつくるワインビネガー,リンゴ酒からつくるリンゴ酢など果実酢が多いが,麦芽汁やデンプン汁を原料とするモルトビネガーなどもある。蒸留,希釈した酒からつくるものをディスティルドビネガーという。一般に日本のに比べかおりがよい。フレンチドレッシングの材料,サラダ,料理のくさみ消しなどに用いる。
→関連項目バルサミコ酢

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

フランス語のvinaigreから変化した英語で,酢の意。vinaigreはvin(ブドウ酒)と,〈すっぱい〉の意のaigreの複合語である。中世のイギリスでは,ブドウ酒から造った酢をビネガー,ホップ抜きのビールから造った酢をエールガーalegarと呼んで区別していた。日本では西欧起源の食酢類をビネガーとか洋酢と呼ぶことが多い。ブドウ酒の代りにリンゴ酒を用いるとシードルビネガー(リンゴ酢)であり,大麦と麦芽で造った前記のエールガーは現在モルトビネガー(麦芽酢)と呼ばれている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

酢のこと。語源はフランス語のぶどう酒vinと酸っぱいaigreが合成されたもの。酢の原料は国によって特徴があり、日本(米、酒粕(さけかす))、中国(米)、フランス(ぶどう)、アメリカ・イギリス(りんご、アルコール)などがその例である。日本では、洋風の酢に対して商品名にビネガーをつける場合が多い。よく用いられているものにアップルビネガー、ワインビネガーがある。アルコールを用いた酢はホワイトビネガー、モルト(麦芽)を用いたものはモルトビネガーという。

[河野友美・山口米子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (vinegar) 大麦麦芽、りんご酒、ぶどう酒、蒸留アルコールなどから作られた西洋酢の称。
※すし通(1930)〈永瀬牙之輔〉二六「ビネガー(西洋酢)〈略〉葡萄酒を原料として作ったものが最上で」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のビネガーの言及

【酢】より

…酸敗した酒に起源をもつと考えられ,古く中国では〈苦酒(くしゆ)〉ともいい,日本では〈からさけ〉といった。英語のビネガーvinegarも〈すっぱいブドウ酒〉の意である。世界の諸地域にはそれぞれ伝統的な酒に対応する酢があり,いまでもフランス,イタリア,スペイン,ポルトガルなどのワイン産出地域ではワインビネガー,イギリスではモルトビネガー,日本では米酢(よねず∥こめす)が食酢の中心をしめてきた。…

【酢】より

…酸敗した酒に起源をもつと考えられ,古く中国では〈苦酒(くしゆ)〉ともいい,日本では〈からさけ〉といった。英語のビネガーvinegarも〈すっぱいブドウ酒〉の意である。世界の諸地域にはそれぞれ伝統的な酒に対応する酢があり,いまでもフランス,イタリア,スペイン,ポルトガルなどのワイン産出地域ではワインビネガー,イギリスではモルトビネガー,日本では米酢(よねず∥こめす)が食酢の中心をしめてきた。…

※「ビネガー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ビネガーの関連情報