コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビロウ ビロウ Livistona chinensis

3件 の用語解説(ビロウの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビロウ
ビロウ
Livistona chinensis

ヤシ科の高木で,南九州や四国から南西諸島小笠原諸島,台湾などに分布する。高さ数mになる。葉は大きな円形で直径 1m近くあり,掌状に細かく深く裂けて,シュロの葉を大きくした形である。葉柄も 1mほどあり,鋭いとげが並ぶ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ビロウ

ヤシ科の常緑高木。四国(南部)〜沖縄,台湾の暖地の海岸にはえる。全体にシュロに似るが大きく,幹は高さ20m内外。葉は大きく,掌状に裂け,裂片はたれ下がり,葉柄には2列にとげがある。
→関連項目ヤシ(椰子)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ビロウ
びろう / 檳榔
[学]Livistona

ヤシ科コウリバ亜科ビロウ属の総称。幹は単一で高さ8~25メートル、幹肌に不規則な波状の環紋がある。葉は掌状葉で深裂し、裂片の先端はさらに2裂する。葉柄は長く、断面は三角形をなす。葉柄の両縁に刺(とげ)がある種類とない種類の2種がある。また、刺がある種類でも、老樹になると刺が消える種類がある。葉柄基部は網状に交錯した繊維になる。仏炎包が割れて太い枝状の花柄が突出し、分枝する。肉穂花序は分枝の先につき、両性花で雄しべは6本、雌しべは1本、子房は3室で花柱は短い。花弁は緑、黄、白色などがあり、短い包葉状で、中間が合弁になる。雄しべは花糸が幅広く、3本が環状に連なっている。萼(がく)はコップ状で、先端が3裂する。果実は球、楕円(だえん)形の2種があり、果面は滑らかで、果色は黒、青、赤、黄色がある。種子は球、楕円形の2種があり、褐色。胚乳(はいにゅう)は大きな錯道質部が食い込んでおり、胚は斜め下にあるものが多く、わずかに斜め上にあるものもある。よく知られるものに次の4種がある。
 オガサワラビロウL. boninensis Nakaiは小笠原(おがさわら)原産。高さ10メートル、径30~50センチメートル。掌状葉は径1.5メートル、裂片は深裂し、先端が毛状に垂下する。葉柄は長さ1.5メートルで、刺はない。果実は楕円形、長さ2.5センチメートルで、光沢のある暗黒色。胚は斜め上にある。栽培温度は最低零下3℃以上。庭園樹に好適である。ワビロウJapanese fountain palm/L. subglobosa Mart.は日本南部原産で、北限は日本海の沖島。オガサワラビロウによく似ているが、幹は波状に曲がって伸び、葉柄には鋭い刺があり、胚は斜め下にある。トウビロウChinese fountain palm/L. chinensis R. Brownは中国大陸南部原産。幹は単一で直立し、高さ15メートル、径30~60センチメートルで波状の環紋が残る。掌状葉、果実ほか全体がワビロウに似るが、掌状葉は光沢のある緑色で、扇形の径は1.2~1.5メートル。掌状葉は中央まで分裂し、裂片は長さ50~60センチメートル、幅4~4.5センチメートルで先端が長く垂下する。ジャワビロウJava fan palm/L. rotundifolia Mart. (=Chamaerops blroa Sieb. ex Krech. =Corypha rotundifolia Lam.)は、小スンダ列島、モルッカ諸島、セレベス島、ジャワ島、スマトラ島、フィリピン原産。幹は単一で直立し、高さ30メートル、径35~45センチメートル。幹肌に波状の環紋がある。掌状葉は径1.7メートルの円形で早期に落下するが、まれに緑葉のまま長期間固着するものもある。裂片は90枚で、幅5センチメートル、葉柄に鋸歯(きょし)状の刺がある。肉穂花序は黄色で、長さ1~1.5メートル、花柄は赤色。果実は球形、径1.5~2センチメートルで赤色。種子は錯道質の球形で、径0.9~1センチメートル、胚は中央にある。庭園樹、並木によく用いられ、栽培温度は5℃以上を要する。[佐竹利彦]

文化史

ビロウの古名アジマサは味勝の意味で、新芽が食用にされたからという。現在もアズムサの方言が沖縄の石垣島に残っている。ビロウの名は中国名の檳榔に基づくが、中国名の檳榔はビンロウAreca catechu L.であり、ビロウの中国名は蒲葵である。沖縄では硬い葉を意味するクファバから転訛(てんか)したクバの名が一般に用いられている。材は柱や臼(うす)や指物(さしもの)に、葉は屋根材、蓑(みの)、釣瓶(つるべ)、柄杓(ひしゃく)など生活用具として重要であった。現在も笠(かさ)、団扇(うちわ)や酒瓶の包装などに利用される。7世紀の『肥前国風土記(ひぜんのくにふどき)』に名がみえ、『続日本紀(しょくにほんぎ)』に檳榔扇が斎宮式(いつきのみやしき)の供物としてあげられている。[湯浅浩史]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ビロウの関連キーワードカナリーヤシ九州地方南西諸島海溝西日本火山帯ヒメハルゼミミツギリゾウムシムラサキシジミ油椰子桄榔小野重朗

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ビロウの関連情報