檳榔/蒲葵(読み)ビロウ

デジタル大辞泉の解説

び‐ろう〔‐ラウ〕【××榔/蒲葵】

ヤシ科の常緑高木。九州以南の海岸に近い森林に自生。高さ3~10メートル。幹は直立し、頂にが集まってつく。葉は手のひら状に深く裂けていて、垂れ下がる。雌雄異株。春、葉の付け根から枝分かれした柄を出し、黄白色の小花を多数つける。実は熟すと青磁色

びん‐ろう〔‐ラウ〕【××榔】

ビンロウジュの別名。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

檳榔 (ビロウ・アジマサ;ビリョウ)

学名:Livistona chinensis var.subglobosa
植物。ヤシ科の常緑高木,園芸植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android