コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ピピン(小) ピピン[しょう]Pippin III, der Jüngere; Pépin III, le Bref

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ピピン(小)
ピピン[しょう]
Pippin III, der Jüngere; Pépin III, le Bref

[生]714/715
[没]768.9.24. サンドニ
フランク王国カロリング朝初代の王 (在位 751~768) 。ピピン3世,短躯王,ペパンとも呼ばれる。宮宰カルル・マルテルの子で,741年に兄カルロマンとともに宮宰の地位を分け,743年に空位であった王位にヒルデリヒ3世をつけた。兄の修道院入りにより,フランク王国の実質的支配者となり,教皇の黙認を得て国王ヒルデリヒ3世を廃し,751年 10月から 752年1月のソアソン会議で推されてみずから王位につき,カロリング朝を開いた。その後教皇のために北イタリアのランゴバルドアイストゥルフを討ち,ラベンナ地区を教皇に献じ,教皇領の発端をつくった (→ピピンの寄進 ) 。長子カルル1世 (大帝) がピピンの位を継いだ。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ピピン(小)
ぴぴん
Pippin der Jungere
(714―768)

カロリング朝初代のフランク国王(在位751~768)。短躯(たんく)王ともよばれた。父カール・マルテルの死(741)後、兄カールマンとともに、それぞれノイストリア、アウストラシアの宮宰として、フランク王国を共同で統治した。743年、メロビング家のヒルデリヒ3世を名目的国王に迎えたが、実権は兄弟で握り、747年、兄の引退後は、全王国の宮宰として実力を振るった。国内有力者の支持と、教皇ザカリウスの承認のもとに、751年ヒルデリヒ3世を廃して王位につき、カロリング朝を開いた。司教ボニファティウスのライン川以東地域へのキリスト教布教を援助し、たびたび教会会議を招集して、教会改革を進めた。二度(754、756)にわたり、イタリアに遠征して、ランゴバルド王アイストゥルフを破り、ラベンナ大守領を奪って、これを教皇に寄進した(教皇領の起源)。また、バイエルン大公タシロ3世を討って、国王への臣従を誓わせ、ナルボンヌをイスラム教徒から奪回した。[平城照介]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ピピン(小)の関連キーワードステファヌス2世(3世)カルル1世(大帝)ランゴバルド王国カール(大帝)アウストラシアランゴバルド族デシデリウスメロビング朝フランス史教皇領国家ドイツ史

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android