コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ピピン(小) ピピンしょう Pippin III, der Jüngere; Pépin III, le Bref

2件 の用語解説(ピピン(小)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ピピン(小)
ピピンしょう
Pippin III, der Jüngere; Pépin III, le Bref

[生]714/715
[没]768.9.24. サンドニ
フランク王国カロリング朝初代の王 (在位 751~768) 。ピピン3世,短躯王,ペパンとも呼ばれる。宮宰のカルル・マルテルの子で,741年に兄カルロマンとともに宮宰の地位を分け,743年に空位であった王位にヒルデリヒ3世をつけた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ピピン(小)
ぴぴん
Pippin der Jungere
(714―768)

カロリング朝初代のフランク国王(在位751~768)。短躯(たんく)王ともよばれた。父カール・マルテルの死(741)後、兄カールマンとともに、それぞれノイストリア、アウストラシアの宮宰として、フランク王国を共同で統治した。743年、メロビング家のヒルデリヒ3世を名目的国王に迎えたが、実権は兄弟で握り、747年、兄の引退後は、全王国の宮宰として実力を振るった。国内有力者の支持と、教皇ザカリウスの承認のもとに、751年ヒルデリヒ3世を廃して王位につき、カロリング朝を開いた。司教ボニファティウスのライン川以東地域へのキリスト教布教を援助し、たびたび教会会議を招集して、教会改革を進めた。二度(754、756)にわたり、イタリアに遠征して、ランゴバルド王アイストゥルフを破り、ラベンナ大守領を奪って、これを教皇に寄進した(教皇領の起源)。また、バイエルン大公タシロ3世を討って、国王への臣従を誓わせ、ナルボンヌをイスラム教徒から奪回した。[平城照介]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ピピン(小)の関連キーワード階乗Nエヌピピン没・歿勃・歿・没ルースアーロンペアN末端残基Diaz de la Peña,N.

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone