ファイユ(英語表記)Faye, Jean-Pierre

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ファイユ
Faye, Jean-Pierre

[生]1925.7.19. パリ
フランスの小説家,詩人,劇作家。パリ大学で哲学を学ぶ。『テル・ケル』誌の創刊に参画,1964年難解な実験小説『水門』L'Écluseによってルノドー賞を受けた。詩集『逆流した川』Fleuve renversé(1959),戯曲『人と石』Hommes et pierres(1964)などのほか,小説論『唯一の物語』Le Récit unique(1967)がある。

ファイユ
faille

平織変化組織の一種である縦うね織の絹織物,または類似の織物をいう。語源のファイユはフランス語で断層の意。経糸の密度を大きくし,緯糸を同じ杼口 (ひぐち) から2本以上打込み,扁平な横うねを表現した織物。グログランに似ているが,うねが細いのが特徴。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ファイユ【faille[フランス]】

経糸に細い絹や合繊の,光沢を生かしたフィラメント糸を,緯糸に太番手の甘撚り綿糸を用いて織った横畝(よこうね)のある織物。横畝の太さはタフタよりは太く,グログランより細い。しなやかで腰があり,外見と触感はタフタに似る。元来は絹織物であったが,現在は化学繊維も使われる。ワンピース,コートなど婦人服地や,リボン,帽子用などに多く用いられる。【池田 芙美】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ファイユ【faille】

たて糸を密にして丈夫にした、横うねのある絹織物。婦人服地とする。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ファイユ
ふぁいゆ
failleフランス語

もと絹織物の一つで、経畝(たてうね)組織からなり、経には本練(ほんね)り、緯(よこ)には半練りのものを引きそろえて打ち込んだ経密度の大きい織物。フランスで製作されたもの。現在では化合繊のものがあり、種類も多いが、一般に緯方向にできた畝はグログランより大きいが偏平で、柔軟な織物となっている。用途は、服地または襟飾り地にする。[角山幸洋]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ファイユの関連情報