コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ファンアイク van Eyck

デジタル大辞泉の解説

ファン‐アイク(van Eyck)

フランドルの画家の兄弟。兄フーベルト(Hubert[1370ころ~1426])・弟ヤン(Jan[1390ころ~1441])。油彩画法を確立。透明な色彩と緻密(ちみつ)な描写でフランドル絵画に新時代を画した。二人の協力作品に「神秘の小羊」(聖バーフ大聖堂の祭壇画)がある。バン=アイク。ファン=エイク。→フランドル派

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ファンアイク【Jan van Eyck】

1390頃~1441) フランドルの画家。兄フーベルト(Hubert van Eyck?~1426)のあとを継いで「ヘントの祭壇画」を完成したとされる。油絵の具を改良し、写実的表現を創造してフランドル絵画をルネサンス絵画へと近づけた。代表作「オータンの聖母」「アルノルフィニ夫妻の像」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ファンアイクの関連キーワードボイマンス=ファン・ボイニンヘン美術館ナショナル・ギャラリー[ロンドン]アントウェルペン王立美術館アルノルフィーニ夫妻の肖像ファン・デル・ウェイデンアントネロ・ダ・メッシナファン・デル・ウェイデンファン・アイク(兄弟)シュテーデル美術研究所フリック・コレクションウィーン美術史美術館フィリップ(善良公)ファン・デル・フースビクトリア国立美術館フルーニンゲ美術館ネーデルラント美術フリートレンダーフレマールの画家ドレスデン絵画館ヘントの祭壇画

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android