コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フウセントウワタ フウセントウワタ Gomphocarpus fruticosus(Asclepias fruticosa)

3件 の用語解説(フウセントウワタの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フウセントウワタ
フウセントウワタ
Gomphocarpus fruticosus(Asclepias fruticosa)

ガガイモ科亜低木南アフリカ原産で,高さ1~2mになる。多数の柳葉が対生し,茎の上部の葉腋に,小花を5~10花ずつ散形花序につける。花は白花で5裂し,副花冠は淡紫色。果実は袋果で球状になり,長さ5~10cm。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

フウセントウワタ

アフリカ原産のガガイモ科の常緑低木で,果実の形がおもしろいので,庭木,また切花に用いる。茎はよく分枝して高さ1〜2m,長さ10cmほどの披針形の葉を対生。花は白色で5裂し,夏に数個が上部の葉腋に散形状につく。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フウセントウワタ
ふうせんとうわた / 風船唐綿
[学]Gomphocarpus fruticosus R. Br.

ガガイモ科の常緑亜低木であるが、園芸上では一年草として扱う。熱帯から南アフリカ原産。茎は高さ0.6~1メートル。葉は対生し、長披針(ちょうひしん)形で、長さ10センチメートル、幅1センチメートル、無毛で光沢がある。7~9月、茎の先端近くの葉腋(ようえき)から出た花柄の先に散形花序をつくり、乳白色で5弁の小花を10~15個つける。晩秋のころ、長さ5~10センチメートルで風船状の(さくか)が1、2個できる。果実は熟すとはぜて、白絹状の冠毛をもった黒褐色の種子が出る。名は、この(さくか)や果実の形態に由来する。2~3月、温室かフレーム内に播種(はしゅ)し、5月に露地へ20センチメートル×30センチメートルに1本の割合で植え出す。10月ころ、切り取っていけ花の材料にされる。[植村猶行]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のフウセントウワタの言及

【トウワタ】より

…日当りと排水のよい所を好み,鉢植えにはヤナギトウワタが適している。なお,近縁のフウセントウワタGomphocarpus fruticosus R.Br.(イラスト)は別属の植物で,アラビア,アフリカ原産の常緑低木である。葉は対生して細長く,花は7~8月に咲き,白色である。…

※「フウセントウワタ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

フウセントウワタの関連キーワードアフリカ舞舞蘿藦唐綿亜低木オルフィウム南アフリカ連邦ルイボスアフリカキンセンカイエライシャントウワタ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone