コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フォトグラム photogram

翻訳|photogram

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フォトグラム
photogram

写真用語。感光材に直接物体を置いて露光させ投影像を得る技法,またはその技法による作品。カメラを用いない写真の一分野で,これによって抽象表現や主観的表現の可能性が追究され,写真表現に新しい展開をもたらした。初期の作家として,バウハウスモホイ=ナジや M.レイがあげられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

フォトグラム(photogram)

カメラを使用せず、印画紙などの感光材料の上にさまざまな物を直接置き、上方からの光で感光させて像を得る写真技法。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

フォトグラム【photogram】

ルミノグラフluminographともいう。印画紙の上に透明度や厚みの違う物体を置き,これに光を当てて作る画像のことで,物体の形や重なり,光の角度や動き,などの組合せ方により,豊かな諧調と抽象的な形象による画像を作ることができる。歴史的には,ドイツのJ.H.シュルツェ(1727)やイギリスのT.ウェッジウッド(1802)などが感光材料を考案する際に行った実験もフォトグラムの方法によっているといえるが,明確な形では,W.H.F.タルボットのレース模様をフォトグラムにした資料(1839)が,現存する最も古いものだろう。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フォトグラム
ふぉとぐらむ
Fotogrammドイツ語
photogram英語

カメラを使わずに写真印画をつくる写真の特殊技法。暗室の中で印画紙上に小物や型紙を配し、その上から露光し、現像すると、物体の影になった部分が白く絵柄となって現れる。この作画技法の考案者は、ハンガリー出身でバウハウスの造型作家モホリ・ナギで、1922年ごろから同技法を用いており、フォトグラムの名称も彼の命名による。またフランスで活躍したシュルレアリストのマン・レイも、同じころに同様の技法を用いているが、彼は自らの名にちなみレイヨグラフrayographeと命名していた。さらにパリにいた中山岩太(いわた)も同種の技法で制作している。この技法が日本に紹介されたのは昭和初期で、画家の瑛九(えいきゅう)は1935年(昭和10)前後に「フォト・デッサン」と称し、多くのフォトグラムを制作した。なお類似した技法として、暗黒中で点光源を移動させ印画紙に描くペンジュラム・フォトがある。[平木 収]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

フォトグラムの関連キーワードシュタイナートタルボット広告写真前衛写真杉浦邦恵造形写真山崎博ナジ瑛九

フォトグラムの関連情報