コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フズリナ Fusulina

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フズリナ
Fusulina

原生生物界有孔虫門フズリナ科の代表的化石属。紡錘形または亜円筒形で,殻壁は外壁,透明層および上,下の沈殿層からなる 4層構成をもっている。殻全体を通じて著しい隔壁褶曲が発達する。後期石炭紀中頃の汎世界的示準化石の一つ。紡錘虫の総称としても用いられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

フズリナ

紡錘虫とも。石炭紀ペルム紀に栄えたフズリナ目の有孔虫。形は紡錘形,球形など。石灰質の殻をもち,大きいものでは長径1cmにもなる。世界各地の熱帯〜亜熱帯の海成層から100属以上,約5000種が知られる。
→関連項目有孔虫

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

フズリナ【fusuline】

古生代石炭紀にはじまり,二畳紀末に絶滅した原生動物の一群で,高等有孔虫に属する。名称は紡錘のラテン名fususに由来し,紡錘虫ともよばれる。フズリナは,元来,G.フィッシャー・ド・ワルトハイムが1829年ソ連のモスクワ盆地の上部石炭系に産する米粒様化石(はじめ極微小な頭足類と考えられた)に与えた属名Fusulinaであったが,しだいに近縁の種属がたくさん認められ,群全体を指す語としても用いられるようになった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フズリナ
ふずりな

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

フズリナの関連キーワードフィッシャー・ド・ワルトハイムネオシュワゲリナシュードフズリナプロフズリネラパレオフズリナ紡錘虫石灰岩秋吉造山運動由良(町)フズリネラレピドリナ赤坂石灰岩スマトリナテチス海伊佐鉱山小沢義明誘導化石ヤベイナ古生代石灰岩古生物

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

フズリナの関連情報