コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フズリナ フズリナ Fusulina

6件 の用語解説(フズリナの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フズリナ
フズリナ
Fusulina

原生生物界有孔虫門フズリナ科の代表的化石属。殻は紡錘形または亜円筒形で,殻壁は外壁,透明層および上,下の沈殿層からなる 4層構成をもっている。殻全体を通じて著しい隔壁褶曲が発達する。後期石炭紀中頃の汎世界的示準化石の一つ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

フズリナ(〈ラテン〉Fusulina)

紡錘虫(ぼうすいちゅう)のこと。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

フズリナ

紡錘虫とも。石炭紀ペルム紀に栄えたフズリナ目の有孔虫。形は紡錘形,球形など。石灰質の殻をもち,大きいものでは長径1cmにもなる。世界各地の熱帯〜亜熱帯の海成層から100属以上,約5000種が知られる。
→関連項目有孔虫

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

フズリナ【fusuline】

古生代石炭紀にはじまり,二畳紀末に絶滅した原生動物の一群で,高等有孔虫に属する。名称は紡錘のラテン名fususに由来し,紡錘虫ともよばれる。フズリナは,元来,G.フィッシャー・ド・ワルトハイムが1829年ソ連のモスクワ盆地の上部石炭系に産する米粒様化石(はじめ極微小な頭足類と考えられた)に与えた属名Fusulinaであったが,しだいに近縁の種属がたくさん認められ,群全体を指す語としても用いられるようになった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

フズリナ【Fusulina】

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フズリナ
ふずりな

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フズリナの関連キーワード石炭紀封印木蘆木新古生代直角石メガネウラシュワゲリナ層孔虫アパラチア造山帯朝鮮系

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

フズリナの関連情報