コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フタバアオイ(双葉葵) フタバアオイAsarum caulescens

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フタバアオイ(双葉葵)
フタバアオイ
Asarum caulescens

ウマノスズクサ科多年草。本州の福島県以南に分布し,山中の木陰に生える。は地上をはって節から根を出し,葉は一年生で茎の先に 2枚互生してつき,長い葉柄がある。葉身ハート形で質が薄く両面に長い軟毛がある。春に,葉間に柄のある淡紅紫色の花を 1個横向きにつける。花被は筒状となるが合着はせず,基部まで裂け目が入っている。上半分は 3裂して反曲する。京都の賀茂御祖神社賀茂別雷神社祭事に用いられ(→葵祭),また徳川家の葵紋もこれである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

フタバアオイ【フタバアオイ(双葉葵) Asarum caulescens Maxim.】

温帯林の林床に生えるウマノスズクサ科の夏緑多年草(イラスト)。カモアオイともいう。根茎は太く,地表をはい,先端から名前のように通常は2枚の葉を出す。葉は長い葉柄を有し,円心形で,質は薄く,縁にはまばらな毛がある。春,葉の展開とともに葉間から葉柄よりも短い花梗を出し,その先に1筒の花をうつむきかげんにつける。萼片は汚黄白色で紫褐色を帯びる。基部は筒状となり,先端の裂片は完全に反り返るので,花の全形は椀状に見える。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のフタバアオイ(双葉葵)の言及

【アオイ(葵)】より

…俗称でアオイと呼ばれる植物は,種々の異なった植物を指している。徳川家の“葵の紋”のアオイはウマノスズクサ科のフタバアオイであるし,フウロソウ科のペラルゴニウム(テンジクアオイ)がアオイと呼ばれることもある。しかしアオイ科のタチアオイが,また江戸時代以降はフユアオイがアオイと呼ばれていることが多いので,この類について述べる。…

※「フタバアオイ(双葉葵)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

フタバアオイ(双葉葵)の関連キーワード温帯林

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android