コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フタバアオイ

2件 の用語解説(フタバアオイの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

フタバアオイ

本州〜九州の山中の林内にはえるウマノスズクサ科多年草。葉は横走する根茎の先に2枚つき,柄が長く,ハート形で径5〜10cm。春,2葉の間から1本の花柄を出し,赤みのある花を下向きに開く。
→関連項目アオイ(葵)カンアオイ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フタバアオイ
ふたばあおい / 双葉葵
[学]Asarum caulescens Maxim.

ウマノスズクサ科の多年草。根茎は節間が長く伸び、地上をはう。葉は二枚、茎の先に対生状につき、卵心形で基部は深い心臓形、両面の脈上に短毛を散生する。冬、落葉する。4~5月、葉の間に長い柄のある淡紅色花を1個、下向きに開く。花弁は退化するが、三枚の萼片(がくへん)が下半部で合着し、椀(わん)形の偽萼筒を形成する。萼片の上半部は強く後ろに反り返り、偽筒部に接する。雄しべは12本、花糸は葯(やく)に比べて著しく長く、基部で合着して花柱の周りに一輪に配列する。雌しべは6本、花柱は互いに上部まで側方で合生し、1本の柱状となる。子房は完全な下位である。山地の樹陰に生え、本州から九州に分布する。名は、葉が二枚つくことに由来する。昔から京都の賀茂(かも)祭の祭礼に使われたため、カモアオイともよばれる。また徳川家の家紋「葵巴(あおいともえ)」は、本種の葉を三枚組み合わせたものである。[菅原 敬]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フタバアオイの関連キーワードアケビトリガイヨモギ右馬助馬の鈴草左馬助深山鶉山赤蛙クルミヨメナ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

フタバアオイの関連情報