コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フタバガキ

百科事典マイペディアの解説

フタバガキ

フタバガキ科フタバガキ属の総称。約75種あり,多くは常緑高木。アジア東南部〜南部に分布し,熱帯多雨林の主要構成種として知られるものが多い。葉は革質で厚く,花は黄白色でしばしば紅色を帯び,花弁はねじれて基部でゆるく合着する。
→関連項目ダマール

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フタバガキ
ふたばがき / 二葉柿
[学]Dipterocarpus

フタバガキ科フタバガキ属の総称。熱帯アジアに約75種分布し、沿海地の熱帯多雨林内では常緑のフタバガキ林をつくり、大陸部では落葉のフタバガキ林を形成する。大部分は高さ30~60メートル、胸高径1~2メートルに達する。樹幹に樹脂道があり、黄色の樹脂を分泌する特色がある。葉は卵形または長楕円(ちょうだえん)形。総状花序をつくり、径3~7センチメートルの白または黄白色花を開く。萼片(がくへん)、花弁ともに5枚。果実は宿存する萼筒に覆われ、2枚の萼片は大きな翼に発達し、ほかの3枚は短い。名は、この形に由来する。材は建築構造材、車両、船舶、合板などに用いる。オオミフタバガキD. grandiflorus Blancoは分布の広い代表的なもので、日本へもアピトンの名で材が輸入されている。フタバガキ科には本属のほか、Shorea属 Pentacme属 Parashorea属などのラワン類も含み、東南アジア地域の貴重な木材資源である。[小林義雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

フタバガキの関連キーワードサラソウジュ(沙羅双樹)サラソウジュ(娑羅双樹)リュウノウジュ(竜脳樹)ダヌムバレー自然保護区グヌンパルン国立公園フタバガキ(双葉柿)娑羅双樹・沙羅双樹リュウノウジュサラソウジュフタバガキ科ボルネオールシャラノキリュウノウ熱帯植物アガチス娑羅双樹植物区系小林義雄カポールアピトン

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

フタバガキの関連情報