コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フタバサウルス ふたばさうるすfutabasaur

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フタバサウルス
ふたばさうるす
futabasaur
[学]Futabasaurus suzukii

福島県いわき市大久(おおひさ)町板木沢(いたきざわ)の川岸から発掘された海生爬虫(はちゅう)類で、中生代白亜紀後期、8500万年前の首長竜。発見された地層名の双葉層群と、発見者の鈴木直(ただし)(1951― )の名をとって、長谷川善和(よしかず)(1930― )、小畠郁生(おばたいくお)(1929― )により、和名をフタバスズキリュウ(双葉鈴木竜)と命名された。頭骨・後肢骨・椎骨(ついこつ)・肋骨(ろっこつ)・骨盤などが1968年(昭和43)から69年にかけて、背骨・前肢骨・胸骨・肋骨などが70年に発掘されて、原形がほぼ完全な形で復原された。東京都上野の国立科学博物館といわき市石炭・化石館とに組立て骨格のレプリカ(模造品)が展示されている。骨に食い入ったサメの歯が発見され、首長竜とサメとが格闘したか、あるいは死体にサメがかみついたかの可能性も考えられる。その後、2006年(平成18)に佐藤たまき、長谷川善和、真鍋真(まなべまこと)(1959― )がイギリス古生物学会誌に記載発表し、学名が有効となった。主要な特徴は、(1)目と外鼻孔がわりと離れている、(2)上腕骨が大腿骨(だいたいこつ)に比しとくに長く頑丈、(3)鎖骨と間鎖骨の癒合体の形状が独特、(4)同時代のエラスモサウルス類にしては橈骨(とうこつ)・尺骨(しゃくこつ)や脛骨(けいこつ)・腓骨(ひこつ)が比較的長い、などである。推定全長は6~9メートル。化石として保存されていたのは骨格のうち約70%。系統進化や古生物地理の資料として重要である。[小畠郁生]
『小畠郁生著『恐竜の足跡』(1986・新潮選書)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フタバサウルス
Futabasaurus suzukii; futabasaur

海生爬虫類長頸竜類(首長竜)の一種。頭が小さく,首が長い。目と外鼻孔が離れている,上腕骨が大腿骨に比べて長く頑丈,などの特徴をもつ。推定全長 6~9m。1968年,福島県いわき市白亜紀後期の地層から,地元の高等学校生が発見した。1970年11月から発掘調査が開始され,頭骨,前後肢骨,胸骨,肋骨,骨盤,椎骨などほぼ 1個体分の骨化石(→化石)が採集された。腰から両鰭を広げたときの横幅 3m,体長約 7mの骨格が復元され,組立骨格の模型が,東京都台東区上野公園内の国立科学博物館ならびにいわき市石炭・化石館に展示されている。フタバスサウルスと同時代には,環太平洋地域から産する種類はほとんど確認されていないので,当時の古地理や首長竜の進化や分布を論じる際の貴重な資料となっている。サメ(→サメ類)の歯が 2個刺さった状態で化石化していることと,骨格化石に接近して数十個のサメの歯が集中して発見されたことなどから,サメとの格闘,または死後サメに食い散らされたことなどが推定される。また多数の胃石も発見された。和名は産出地層名の双葉層群と発見者の鈴木直の名をとってフタバスズキリュウ(双葉鈴木竜)と名づけられた。2006年イギリス古生物学会誌に記載され,新種として学名 Futabasaurus suzukii が有効となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android