コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フラックス Flaccus, Aulus Avillius

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フラックス
Flaccus, Aulus Avillius

古代ローマの政治家。エジプト総督 (32~38) としてアレクサンドリアのギリシア系市民に迎合して反ユダヤ人政策をとったため,同市でユダヤ人迫害が起った。しかし 38年予期せずに逮捕され,ローマで陰謀のかどで断罪,エーゲ海上のアンドロス島に流刑,のちに処刑された。アレクサンドリアのユダヤ人哲学者フィロンは彼を弾劾する論著を記した。

フラックス
Flaccus, Marcus Fulvius

前2世紀頃のローマの政治家。 T.グラックス (→グラックス兄弟 ) の支持者,前 130年以来の農地改革の実施者。公有地をイタリア人に提供する提案が阻止されると,イタリア人にローマ市民権を与えることによって土地取得の道を開こうとし,「イタリア問題」をローマの政策に導入した。閥族派 (オプチマテス ) の反対を排して,前 125年執政官 (コンスル ) に選ばれたが,元老院はサルウィ人に攻撃されていたマッシリアの援助に彼を派遣した。前 123年凱旋し,G.グラックスの政策の推進を助けるため,前 122年護民官 (トリブヌス・プレビス ) 職を固守したが,グラックスとともに敗死した。

フラックス
flux

溶解,融剤,電気・液体・エネルギーなどの流れなどの意味があり,利用分野によって,溶剤,融剤,易溶成分,溶融成分などという。使用目的によって分けると次のようなものがある。 (1) 試料を溶けやすい形に変えるために加えるフラックス (硫酸水素ナトリウム,炭酸ナトリウムなど) 。 (2) 冶金でスラグを生じさせるために加える物質 (石灰石,蛍石など) 。 (3) 窯業で融解性や焼結性をよくしたり,彩色するための顔料を融着させたり,ガラス質の融解を助けるために加える物質 (種々のフッ化物など) 。 (4) 溶融メッキ,アルミニウム精錬,エレクトロスラグ溶解に用いるもの (塩化物,フッ化物など) 。 (5) 溶接時におけるスラグ生成と金属の酸化防止に用いる物質 (ホウ砂,水ガラス,リン酸塩,塩化物など) 。 (6) 単結晶の合成 (溶融法) 用フラックス (フッ化物) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

フラックス

溶剤,融剤とも。冶金学上の言葉で,金属製錬の際,鉱石の溶融促進やスラグの性状調節のため,鉱石に添えて炉に装入するもの。製鉄の石灰石,アルミニウム製錬の氷晶石など。
→関連項目乾式製錬スラグはんだ付け溶剤

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

フラックス

米国の作家スティーヴン・バクスターの長編SF(1993)。原題《Flux》。「ジーリー」シリーズ第3作。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

フラックス【flux】

溶剤,融剤,または媒溶剤とも呼ばれる。おもに,酸化物,塩化物,フッ化物からなる物質で,鉱石を製錬する際に用いられる。冶金学上の用語で,明確な定義はない。フラックスは鉱石の溶解を促進し,鉱石に含有される不純物の脈石成分と化合してスラグとなる。鉄鉱石の製錬では石灰石がフラックスであり,得られる銑鉄の成分に影響を及ぼす。金属の溶解のときに使用されるフラックスは,溶解の際の酸化防止,溶融金属表面のスラグの諸性質変更,非金属介在物の除去,脱ガスなどが目的である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

フラックス【flux】

〔「溶剤」 「融剤」などとも言う〕
化学分析で、酸の水溶液に溶けない物質を溶けるようにするために添加する物質。
鉱石の製錬などに際して、鉱石の溶解を促進し、鉱石に含まれる不純物を取り除くのに用いる物質。
金属の鑞付ろうづけ・溶接などで、接着面の酸化物除去などに用いられる物質。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のフラックスの言及

【接地層】より

…接地境界層,等流束層ともいう。この層中では運動量,熱,水蒸気の鉛直方向の流束(フラックスflux)が,地表面での値とほとんど等しいとみなされている。この意味で,地表における値と変わらない一定の流束をもつ気層つまり流束一定の気層と呼ばれることもある。…

【スラグ】より

…溶融金属製錬における原料中の不純物成分と,目的金属等からのその不純物成分の分離を助けるために加えたフラックス(媒溶剤成分)とからなる液相の総称。のろ,滓(さい)とも呼ばれる。…

【製鉄・製鋼】より

…ケイ酸分が低く,Mn含有量が40%以上のものが望ましい。
[溶剤]
 フラックスともいう。鉄鉱石には脈石が含まれており,またコークスには灰分(SiO2,Al2O3が主体)が12%程度ある。…

※「フラックス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

フラックスの関連キーワードポッジョ・ブラッチョリーニニューマトジェニック鉱物サンゴバン・ティーエムシャーリーズ セロンラテン文学史(年表)ロフォーテン諸島ホウ酸ナトリウム塩化アンモニウムリチャードソン数フラックス世代フィンセン単位フェストゥス12月8日クリンカーエメラルド散乱断面積フェスツスアーク溶接12月4日スコラ哲学

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android