フランコ(読み)ふらんこ(英語表記)Francisco Franco Bahamonde

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フランコ(Francisco Franco Bahamonde)
ふらんこ
Francisco Franco Bahamonde
(1892―1975)

スペインの軍人、政治家。スペイン北西部ガリシア地方に海軍軍人の子として生まれ、トレドの士官学校で学ぶ。軍務の大部分をモロッコで過ごし、その間に先住民リフ人の反乱をフランス軍と協力して鎮圧した。32歳という異例の早さで将官に昇進し、1927年士官学校長となるが、1931年に共和政が発足すると閑職に遠ざけられた。1934年10月アストゥリアスの鉱山労働者の武装蜂起(ほうき)の鎮圧に手腕を発揮し、1935年陸軍参謀総長に就任した。1936年2月、人民戦線政府が成立するとカナリア諸島の総督に左遷されるが、同年7月他の反政府派将軍たちとともに軍事クーデターを決行し、モロッコに飛んで反乱の指揮にあたった。競争相手となるべき将軍たちの死亡という幸運もあったが、主としてその声望と手腕により1936年9月反乱軍の総司令官兼政府主席に就任した。共和政府側の不統一とドイツ・イタリアに助けられ内乱に勝利した彼は統領Caudillo(カウディーリョ)とよばれ、カトリック教、権威主義、コルポラティスムの基礎のうえに自らが党首であるファランヘ党の独裁制を樹立した。第二次世界大戦中は枢軸側をさまざまな形で助けたものの、ヒトラーの参戦要求を拒み通した手腕は並々でなく、それが自身の延命につながった。戦後スペインは国際的には一時孤立したが、冷戦の進展に助けられしだいに国際社会に復帰し、1955年国際連合に加盟した。国内では1947年の王位継承法により公式に王国を宣言して自らは終身摂政(せっしょう)に就任し、1969年にブルボン家のフアン・カルロス王子を後継元首に指名した。1960年代にはスペインもようやく経済成長の恩恵に浴し独裁の厳しさも緩和された。1975年にフランコが病死するとフアン・カルロスが即位し漸進的民主化が加速されることとなる。[平瀬徹也]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

フランコの関連情報