コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フランコ Franco Bahamonde, Francisco

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フランコ
Franco Bahamonde, Francisco

[生]1892.12.4. ガリシアエルフェロル
[没]1975.11.20. マドリード
スペインの軍人,政治家。海軍主計官の家に生れ,1910年士官学校卒業後,25年モロッコの反乱鎮圧に活躍し,31年共和政発足後,35~36年参謀総長に任命された。 36年2月成立した人民戦線政府によって左遷され,7月スペイン領モロッコで人民戦線政府打倒のクーデターを起し,スペイン内乱の口火を切った。同年 10月反乱側の政府首班兼最高司令官となり,39年3月内乱の終結とともに独裁的権力を不動のものとした。第2次世界大戦後,王政の復活を宣言,自身は終身国家元首の地位を確保し,独裁体制をゆるぎないものにした。 69年7月アルフォンソ 13世の孫,ドン・ファン・カルロス王子を国王に任命,みずからは後見人を宣言した。 73年6月国家元首と首相を分離し,首相の地位を C.ブランコ副統領に譲った。 75年 10月インフルエンザから心臓発作を起し,1ヵ月余の危篤状態を続けたのち死去,驚異的な生命力の持主といわれた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

フランコ(Francisco Franco y Bahamonde)

[1892~1975]スペイン軍人政治家ファランヘ党党首。1936年人民戦線政府に対して反乱を起こし、ドイツ・イタリアの援助で勝利を収め、1939年国家主席に就任して独裁政権を樹立。第二次大戦には中立を保ち、戦後は親米政策をとって、36年間に及ぶ長期政権を維持した。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

フランコ

スペインの軍人,政治家。モロッコの民族運動弾圧で名をあげ,1935年モロッコ方面統合参謀長。1936年人民戦線政府樹立とともにカナリア諸島方面司令官に左遷されたが,モロッコで,反政府武力蜂起(ほうき)の口火を切った(スペイン内乱)。
→関連項目アルベルティイバルリオプス・デイカザルスゴンサレススペインバスク

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

フランコ【Francisco Franco Bahamonde】

1892‐1975
スペイン内乱における右派国民戦線軍の指導者で,1936年10月1日から死去するまで国家首長として独裁政権を築く。ガリシア地方の海軍軍人の家庭に生まれた。1907年トレド陸軍歩兵学校に入学。25年スペイン領モロッコの反乱を鎮圧し少将に昇進。31年サラゴサ陸軍士官学校長の時の演説がM.アサーニャ陸相の反感を買った。34年10月アストゥリアス革命鎮圧の作戦を指揮。35年モロッコ方面軍司令官,統合参謀長に任命された。

フランコ【Ivan Yakovlevich Franko】

1856‐1916
シェフチェンコの次の時代を代表するウクライナの作家,社会運動家。オーストリア・ハンガリー二重帝国治下のガリツィア生れ。チェルヌイシェフスキーゲルツェン,マルクス,エンゲルスなどの精神を受けつぎ,ガリツィアの労働者の階級的・民族的解放の運動に共感を寄せ,そのため1877年,80年,89年と3度にわたって投獄された。ウィーン大学でスラブ学の泰斗ヤギーチ教授の指導を受け,93年博士号を獲得,リボフ大学の教職につくことになったが当局に却下された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

フランコ【Francisco Franco】

1892~1975) スペインの政治家・軍人。1936年モロッコで反乱を起こし、39年人民戦線政府を倒し独裁制を樹立。47年終身統領となり、生涯その体制を維持し、一方、死後の立憲王制を準備した。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のフランコの言及

【スペイン内乱】より

…それゆえに,軍事蜂起の主導権を握る可能性がある有能な軍人を左遷することにより,政府はUMEを牽制し不測の事態に備えていた。例えば,UMEには参加していないが,軍部の中では抜きんでた存在であった将軍フランコはカナリア諸島へ,同様にモロッコの駐屯部隊に属し,自由主義者であった将軍モラは伝統主義の傾向が強い北部のナバラ地方へ左遷された。ところが,反王政の立場にあったモラは,第二共和国の樹立後,王党派へ接近し,政府の思惑とは逆に,左遷の地で,蜂起の際の王党派とカルリスタの支援を取り付けていたのである。…

【ウクライナ】より

…ここではすでに1848年に農奴解放が行われ,60年代の改革で国会,地方議会も開設されて,まがりなりにも合法的なウクライナ人の活動が可能だったからである。ジュネーブで亡命生活を続けていたM.P.ドラホマーノフ(1841‐1895)やイワン・フランコ(1856‐1916)の活動によりガリツィアはしだいに民族運動の中心となり,〈ウクライナのピエモンテ〉ともいうべき重要な役割を演じることになった。90年,ウクライナ急進党がガリツィアで形成され,94年にはリビウ(リボフ)大学にウクライナ史の講座ができ,M.S.フルシェフスキーが教授となった。…

※「フランコ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

フランコの関連キーワードスアレス(Adolfo Suárez González)リンガラ・ミュージック[lingala music]ラミー ダイアログ3 by フランコ・クリヴィオブラザー・サン シスター・ムーンキニョネス ヒル・ロブレスルイス カレロ・ブランコグランド・イリュージョンフアン・カルロス[1世]ジャン・フランコ・フェレフアン・カルロス(1世)ショパン・フェスティバル哀しみのトリスターナリッカルド シャイーイワノフランキフスクジャンゴ/灼熱の戦場猿の惑星:創世記スパイダーマン2カレロ・ブランコカンタベリー物語スパイダーマン3

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

フランコの関連情報