コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フレロビウム フレロビウム flerovium

4件 の用語解説(フレロビウムの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フレロビウム
フレロビウム
flerovium

人工元素の一つ。元素記号 Fl。原子番号 114。1999年にロシア合同核研究所アメリカ合衆国のローレンス・リバモア国立研究所の科学者は,プルトニウム244と 242をカルシウム48に衝突させて 114番元素をつくった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

フレロビウム(flerovium)

超アクチノイド元素超ウラン元素の一。1998年ロシアの研究チームプルトニウムカルシウムの原子を衝突させて生成した。ウンウンクアジウム(ununquadium、元素記号Uuq)の暫定名で呼ばれていたが、2012年にIUPAC(国際純正・応用化学連合)により正式名とされた。ロシアの科学者フレロフにちなむ。元素記号はFl 原子番号114。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

フレロビウム

元素記号Fl。原子番号114。超アクチノイド人工放射性元素の一つ。1998年にロシアで初めて合成され,2009年にアメリカ2010年ドイツでも合成が確認された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フレロビウム
ふれろびうむ
flerovium

アクチノイド人工放射性元素の一つ。原子番号114、元素記号Fl。1998年にロシアで初めて合成され、2009年にアメリカ、2010年にドイツでも合成が確認された。暫定名称ウンウンクアジウムununquadium、暫定記号Uuqとされていたこの元素に対して、2012年5月30日、国際純正・応用化学連合(IUPAC:International Union of Pure and Applied Chemistry)は、元素名をfleroviumとし、元素記号をFlとする正式決定を発表した。命名理由はロシアのフレロフ核反応研究所(英語名 Flerov Laboratory of Nuclear Reactions)の伝統と名誉によるとされ、その創設者であるロシアの核兵器開発者ゲオルギー・フリョーロフГеоргий Николаевич Флёров/Georgy Nikolayevich Flyorov(1913―1990)個人の業績に属するものではない、とされている。同年6月、日本化学会日本語元素名をフレロビウムとした。
 2012年までに、94番プルトニウムと20番カルシウムとの核衝突実験で質量数285から289までの同位体の生成が報告されている。いずれもきわめて不安定であり、112番コペルニシウムへα(アルファ)崩壊するが、確認された半減期は長くても数秒程度とされている。また、同時に正式名称が決定された116番リバモリウムのα崩壊によっても生成する。
 フレロビウム原子核の陽子の個数(原子番号)114は、核を特に安定化する「魔法数」の一つに相当しており、中性子の魔法数の一つである184との組合せになるフレロビウム298は特に長い半減期をもつと予想されるが、まだ合成されていない。周期表では14族、鉛の下に位置し、化学的にはかなり安定ではないかとも予想されている。[岩本振武]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フレロビウムの関連キーワードアクチノイド超ウラン元素リバモリウムアクチニド元素アクチノウラン超アクチノイド元素超重元素マイナーアクチノイドランタノイド元素アクチノイド元素

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

フレロビウムの関連情報