コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フレロビウム flerovium

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フレロビウム
flerovium

人工元素の一つ。元素記号 Fl。原子番号 114。1999年にロシアの合同核研究所とアメリカ合衆国のローレンス・リバモア国立研究所の科学者は,プルトニウム244と 242をカルシウム48に衝突させて 114番元素をつくった。114番元素はα粒子(ヘリウム核)を放出して,コペルニシウムに崩壊した。最も長く存在するフレロビウムの同位体(→アイソトープ)の原子量は 289で,半減期は 0.97秒である。国際純正・応用化学連合 IUPACおよび国際純粋・応用物理学連合 IUPAP名称をフレロビウム,元素記号を Flとした。名称はソビエト連邦の物理学者グレゴリー・N.フレーロフにちなむ。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

フレロビウム(flerovium)

超アクチノイド元素超ウラン元素の一。1998年ロシアの研究チームがプルトニウムカルシウムの原子を衝突させて生成した。ウンウンクアジウム(ununquadium、元素記号Uuq)の暫定名で呼ばれていたが、2012年にIUPAC(国際純正・応用化学連合)により正式名とされた。ロシアの科学者フレロフにちなむ。元素記号はFl 原子番号114。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

フレロビウム

元素記号Fl。原子番号114。超アクチノイド人工放射性元素の一つ。1998年にロシアで初めて合成され,2009年にアメリカ,2010年にドイツでも合成が確認された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フレロビウム
ふれろびうむ
flerovium

超アクチノイド人工放射性元素の一つ。原子番号114、元素記号Fl。1998年にロシアで初めて合成され、2009年にアメリカ、2010年にドイツでも合成が確認された。暫定名称ウンウンクアジウムununquadium、暫定記号Uuqとされていたこの元素に対して、2012年5月30日、国際純正・応用化学連合(IUPAC:International Union of Pure and Applied Chemistry)は、元素名をfleroviumとし、元素記号をFlとする正式決定を発表した。命名理由はロシアのフレロフ核反応研究所(英語名 Flerov Laboratory of Nuclear Reactions)の伝統と名誉によるとされ、その創設者であるロシアの核兵器開発者ゲオルギー・フリョーロフГеоргий Николаевич Флёров/Georgy Nikolayevich Flyorov(1913―1990)個人の業績に属するものではない、とされている。同年6月、日本化学会は日本語元素名をフレロビウムとした。
 2012年までに、94番プルトニウムと20番カルシウムとの核衝突実験で質量数285から289までの同位体の生成が報告されている。いずれもきわめて不安定であり、112番コペルニシウムへα(アルファ)崩壊するが、確認された半減期は長くても数秒程度とされている。また、同時に正式名称が決定された116番リバモリウムのα崩壊によっても生成する。
 フレロビウム原子核の陽子の個数(原子番号)114は、核を特に安定化する「魔法数」の一つに相当しており、中性子の魔法数の一つである184との組合せになるフレロビウム298は特に長い半減期をもつと予想されるが、まだ合成されていない。周期表では14族、鉛の下に位置し、化学的にはかなり安定ではないかとも予想されている。[岩本振武]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

フレロビウムの関連キーワードフレロビウム(データノート)原子量一覧/元素名順周期表

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android