コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フレンチ・アンド・インディアン戦争 フレンチ・アンド・インディアンせんそうFrench and Indian War

翻訳|French and Indian War

2件 の用語解説(フレンチ・アンド・インディアン戦争の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フレンチ・アンド・インディアン戦争
フレンチ・アンド・インディアンせんそう
French and Indian War

1754~63年アメリカ大陸でフランス人先住民族インディアンの同盟軍と,イギリス軍とアメリカ植民地軍の連合軍とが戦った戦争。ヨーロッパ大陸における七年戦争新大陸版でイギリスとフランスの植民地戦争の最後の決戦。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フレンチ・アンド・インディアン戦争
ふれんちあんどいんでぃあんせんそう
French And Indian War

北アメリカ大陸支配をめぐるイギリスとフランス、および両国植民地による最終的な植民地戦争(1754~63)。ヨーロッパの七年戦争の一環。1754年、大陸東海岸から開拓を進めアパラチア山脈を越えようとしていたイギリス植民地勢力と、毛皮交易進展に伴ってセント・ローレンス川から五大湖、ミシシッピ川経由でニュー・オーリンズに至る水路を確立し大陸縦断支配を目ざすフランス勢力とが、現在のピッツバーグ付近で衝突、戦争となった。イギリス側にはイロコイ、フランス側にはオハイオ、五大湖周辺の諸部族が同盟したため、内陸部ではインディアン戦争として展開した。初めフランス軍が優勢だったが、イギリス側は強力な艦隊を導入してフランスからの補給を断ち、またフランス側インディアンとの同盟に成功し、攻勢に転じた。59年ケベック、60年モントリオールがイギリス側に帰し、63年のパリ条約でフランスはアメリカ大陸の全領土を失った。フランス勢力の脅威が去ると、イギリス植民地人の本国への武力依存も低下し、アメリカの独立の一因ともなった。[白井洋子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

フレンチ・アンド・インディアン戦争の関連キーワード長沢芦雪(ろせつ)熊川呉敬梓コロンビア大学周期表森羅万象菅江真澄頭光日暮硯ホルベア

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone