フレーザー(Sir James George Frazer)(読み)ふれーざー(英語表記)Sir James George Frazer

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フレーザー(Sir James George Frazer)
ふれーざー
Sir James George Frazer
(1854―1941)

イギリスの古典学者、人類学者、民俗学者。『金枝篇(へん)』の著者として名高い。グラスゴーの富裕な商人の家に生まれ、グラスゴー大学で古典学を学んだのち、人類学者E・B・タイラーの『原始文化』を読んで感動して人類学を志し、ケンブリッジ大学のトリニティ・カレッジで東洋学者ロバートソン・スミスWilliam Robertson Smith(1846―1894)のもとで民俗学、神話学を専攻した。1879年に同大学の特別研究員となり、1921年には同大学教授に就任した。ヨーロッパ各地の大学から名誉学位を受け、英国学士院の会員でもあった。

 師であるロバートソン・スミスから比較の方法を受け継いだフレーザーは、自分で調査地に赴くことはせず、世界各地の宣教師たちから集めた膨大な資料を比較整理して、呪術(じゅじゅつ)、宗教の起源とその進化を論じた。主著『金枝篇』(全13巻)のなかで、呪術から宗教へ、そして科学へという、人間の思考様式の進化理論を展開し、呪術は技術的行為によって現象を統御しようとする試みである点では科学に似ているが、それは間違った因果律に基づく誤った科学であり、その誤りが認識されて宗教が生まれると論じた。また、呪術が霊的存在を統御しようとするのに対して、宗教は霊的存在に懇願するものであるとして両者を峻別(しゅんべつ)した。この呪術と宗教という二分法はその後の人類学において長く認められることになったが、現在ではその両者は分かつことのできない複合体であると考えられ、呪術から宗教、科学へという進化図式も否定されるに至っている。しかしながら、未開文化の風俗習慣、信仰を同時代の広範な知識人たちに知らしめ、大きな関心を呼び起こしたフレーザーの存在は、思想史上において大きな意義をもつ。その他の著書は『トーテミズムと外婚制』(1910)、『不死信仰と死者崇拝』(1924)、『旧約聖書のフォークロア』(1918)、『自然崇拝』(1926)、『火の起源についての神話』(1930)など。

[上田紀行 2016年10月19日]

『秋山武夫他訳『旧約聖書のフォークロア』(1976・太陽社)』『永橋卓介訳『金枝篇』全5冊(簡約1巻本の訳、岩波文庫)』『藤井正雄著『フレーザーの理論』(『現代文化人類学のエッセンス』所収・1978・ぺりかん社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる