フーフ(英語表記)Huch, Friedrich

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フーフ
Huch, Friedrich

[生]1873.6.19. ブラウンシュワイク
[没]1913.5.12. ミュンヘン
ドイツの小説家。女流作家 R.フーフの従弟。ミュンヘン,ベルリンで学び教職についたが,のちミュンヘンで文学活動を始めた。市民社会のデカダンスや青少年の繊細な内面生活をユーモアと風刺や心理分析を駆使して描き,トーマス・マンに評価された。主著『ペーターとミヒェル』 Peter und Michel (1901) ,『マオ』 Mao (07) ,『ピットとフォックス』 Pitt und Fox (09) 。

フーフ
Huch, Ricarda

[生]1864.7.18. ブラウンシュワイク
[没]1947.11.17. シェーンベルク
ドイツの新ロマン主義を代表する女流作家,歴史家。チューリヒ大学卒業後,教師をつとめ,小説を書きはじめた。プロシア芸術アカデミー最初の女性会員,ゲーテ賞を受賞した最初の女性。初期には『若きルドルフ・ウルスロイの追憶』 Erinnerungen von Ludolf Ursleu dem Jüngeren (1893) などのロマン的,抒情的作品が多く,また名著『ロマン主義の開花期』 Blütezeit der Romantik (99) ,『ロマン主義の普及と衰亡』 Ausbreitung und Verfall der Romantik (1902) において,ドイツ・ロマン派の再評価に努めた。のち創作から歴史研究に向い,『ドイツにおける大戦』 Der grosse Krieg in Deutschland (3巻,12~14) などを著わした。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

フーフ

ドイツの女性作家。富裕な商家末娘で,チューリヒ大学で歴史学を修める。新ロマン主義の作家として出発し,《恋愛詩集》,長編《ルードルフ・ウルスロイ2世の回想》(1893年)などやドイツ・ロマン派の再評価をした《ロマン主義》2巻を書く。やがて客観的な歴史の世界に関心が移り,三十年戦争を描いた三部作《ドイツにおける大戦》(1912年―1914年)などがある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

フーフ【Ricarda Huch】

1864‐1947
ドイツの女流作家。ブラウンシュワイクの商家に生まれる。当時ドイツが女子の大学入学を認めないことからチューリヒ大学で哲学と歴史を修め,以後その多彩な才能を示しつつ時代を生きる。内面の豊かさと激しさを詩作に表した彼女は,ある商家の運命を描いた自伝的色彩の強い長編《ルードルフ・ウルスロイ2世の回想》(1893)によって,この系統の小説に先鞭をつけた。結婚によってトリエステに住んだことが,同地貧民街を舞台にした傑作《凱旋横町から》(1902)など,イタリアを扱った作品を生むきっかけとなる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

フーフ【Ricarda Huch】

1864~1947) ドイツの女流作家。小説「ルードルフ=ウルスロイ二世の回想」、歴史書「ドイツにおける大戦」、評論「ドイツロマン派」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

フーフ

(Ricarda Huch リカルダ━) ドイツの女流作家。ロマン的な抒情詩、小説、特に多くの歴史小説を書いた。主著「若きルドルフ=ウルスロイの追憶」など。(一八六四‐一九四七

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

翔んで埼玉

魔夜峰央(まやみねお)によるギャグマンガ、及び、それを基にした映画作品。埼玉県民が東京都民に虐げられる架空の日本を舞台に、埼玉県解放を目指す人々の愛と戦いを描く。「花とゆめ」(白泉社)の1982年冬の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

フーフの関連情報