ブラーツク(英語表記)Bratsk

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「ブラーツク」の解説

ブラーツク
Bratsk

ロシア中東部,東シベリア南部イルクーツク州の都市。州都イルクーツクの北北西約 500km,アンガラ川オカ川が合流する地点にある工業都市。 1631年要塞がつくられたことに始り,長い間小集落があるだけであったが,1955年大規模なブラーツク水力発電所建設が開始されて以降,人口が急増した。同発電所は 64年完成,最大出力は 450万 kW。この電力を利用して,大木材工業コンプレックス (複合体) ,アルミニウム工場が立地。また市の下流のアンガラ川に沿うウスチイリムスクとともに産業コンプレックスをつくっており,東シベリア中部における工業への影響は見逃せない。イルクーツクと水路空路で連絡し,西のタイシェトシベリア横断鉄道から分岐する支線が延びている。人口 24万6348(2010)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)「ブラーツク」の解説

ブラーツク
ぶらーつく
Братск/Bratsk

ロシア連邦中部、イルクーツク州の都市。ブラーツク人造湖岸に港があり、バム鉄道西部の駅を有する。人口25万2500(1999)。1955年、アンガラ川のパドゥン峡谷に大水力発電所(最大出力460万キロワット)の工事が開始されたときに建設された都市で、ブラーツク‐タイシェト工業地域の一中心地。大規模な木材総合企業(製材、パルプ、厚紙製造)、アルミニウム精錬工場がある。市の南方にあったロシアの柵(さく)(要塞(ようさい)。1631建設)を起源とする旧集落は湖底に水没した。市名は、ブリヤート人をロシア語でブラート人と称したことによる。石川県七尾(ななお)市の姉妹都市。

[三上正利]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

百科事典マイペディア「ブラーツク」の解説

ブラーツク

ロシア,東部シベリア,アンガラ川河岸の新興都市。1955年―1965年のブラーツク水力発電所(450万kW)の建設に伴って発展,家具製造,アルミニウムなどの工業が行われる。1631年創設された要塞(ようさい)に起源するが,古い町は人造湖(ブラーツク湖)の下に沈んでいる。25万351人(2009)。
→関連項目アンガラ[川]

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典「ブラーツク」の解説

ブラーツク

(Bratsk) ロシア連邦中部の工業都市。バイカル湖の北西、アンガラ川沿岸に位置する。木材加工、アルミニウム精錬などがさかん。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「ブラーツク」の解説

ブラーツク(Bratsk/Братск)

ロシア連邦中部の工業都市。バイカル湖の北西、アンガラ川沿岸に位置する。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「ブラーツク」の解説

ブラーツク【Bratsk】

ロシア連邦中南部,東シベリアのイルクーツク州にある新興都市。人口25万9400(1992)。アンガラ川とオカ川の合流点に近い台地にあり,周辺は深い針葉樹林である。1631年にブリヤート人に対する要塞としてブラーツク砦が建設されると,その周辺に農民の開拓地ができ,19世紀の後半には養狐水産加工搾油などが発展した。1955年に水力発電所の建設がはじまると,若者たちが全国から集まり,この都市は以来急速に発展した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android