ブルース(読み)ぶるーす(英語表記)blues

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ブルース(ポピュラー音楽)
ぶるーす
blues

19世紀末ごろにアメリカ南部のアフリカ系アメリカ人によってつくり出された音楽。20世紀のアメリカのポピュラー音楽におけるもっとも基本的なジャンルの一つ。その影響は、ジャズ、ブギ・ウギ、リズム・アンド・ブルース(R&B)、ヒップ・ホップ、カントリー、ロックなど、アメリカのポピュラー音楽のほとんどに及んでいる。ブルースという名は、不幸や憂鬱(ゆううつ)な気分(英語のブルー)をうたった歌に由来する。起源については諸説あるが、アフリカ系のミュージシャンがイギリスやアイルランドをはじめとするヨーロッパ系の音楽の要素を吸収しながら生み出したことは間違いない。[北中正和]

特徴

ブルースは、1行4小節ずつで3行、計12小節からなる曲構造をもち、コード進行も決まったものが多い。歌詞とメロディは典型的なものでは、A―A―Bのように前の2行でほぼ同じフレーズを繰り返し、最後の1行で前の2行の内容を受ける形で終わる。音階にはミ(第3度)とシ(第7度)が約半音下がったいわゆるブルー・ノートblue noteが用いられる。ときにはソ(第5度)などほかの音も半音下がることがある。
 ブルースの歌詞は、個人的な恋や生活の悩みを歌ったものが多いが、当初はそこに奴隷解放後も生活が楽にならなかったアフリカ系アメリカ人社会の気分が反映されていた。しかしブルースはかならずしも重苦しい音楽ではない。しばしば性的なニュアンスを含むダブル・ミーニングの強調や、機知にあふれた言い回しを使って、苦しみや悲しみを笑いとばす歌も多い。その表情は、歌い方だけでなく、ギターやピアノやブルースハープ(穴が10個ある小形のハーモニカ)などの楽器演奏によっても大きく左右される。通常4分の4拍子で演奏されるが、歌や演奏のシンコペーションが欠かせないのも特徴の一つである。[北中正和]

歴史

ブルースの第1号ヒットは、作曲家W・C・ハンディWilliam Christopher Handy(1873―1958)の『セントルイス・ブルース』とされているが、これはブルースの要素を取り入れた流行歌だった。ブルースの初録音は女性ブルース歌手メイミー・スミスMamie Smith(1883―1946)による1920年の『クレイジー・ブルース』であった。女性歌手の録音が早かったのは、北部都市の白人中産階級向けに女性歌手が歓迎されたからだ。しかし、アフリカ系アメリカ人の間に需要があることがわかった1920年代中期からは、南部での録音も進み、ブルースはレイス・レコードrace recordという差別的な名前を冠して売られるようになった。
 ブルースは、年代や地域や演奏スタイルによって、さまざまな呼ばれ方をしてきた。ベッシー・スミス、ビリー・ホリデーらがジャズ・バンドで歌ったクラシック・ブルースやジャズ・ブルース、チャーリー・パットンCharley Patton(1891―1934)、ロバート・ジョンソンRobert Johnson(1911―1938)、サン・ハウスSon House(1902―1988)らによる南部の田舎(いなか)で生まれたカントリー・ブルース、リロイ・カーLeroy Carr(1905―1935)らの洗練されたシティ・ブルース(アーバン・ブルース)、1950年代のマディ・ウォーターズMuddy Waters(1915―1983)に代表されるエレクトリック化されたシカゴ・ブルース、1960年代以降のエリック・クラプトンEric Clapton(1945― )、スティービー・レイ・ボーンStevie Ray Vaughan(1954―1990)らの白人によるホワイト・ブルースなどがあげられる。しかし、これらの呼称は便宜的なものであり、音楽の基本構造は変わらない。シカゴ・ブルースやジャズ系のバンドが演奏した、4(フォー)ビートを強調した跳ねるようなリズムのジャンプ・ブルースは、1950年代以降のリズム・アンド・ブルースやロックン・ロールの源流となった。
 かつてジャズ系のミュージシャンが演奏する以外のブルースは、アフリカ系アメリカ人の下層階級の粗野な音楽とされていた。しかしロック系ギタリストがブルースに強い影響を受けた1960年代以降は、演奏者・聴衆ともに人種や階級や国境にこだわらない傾向がみられ、音楽の幅も広がった。B・B・キングB. B. King(1925―2015)のようにタキシードを着て豪華なホールに出演するのが似合うベテランから、バディ・ガイBuddy Guy(1936― )やロバート・クレイRobert Cray(1953― )のような歯切れのいい演奏を聞かせる中堅、タジ・マハールTaj Mahal(1942― )のようにアフリカにルーツを探しに行く研究肌の人まで、多様なブルースメンが活躍している。[北中正和]
『ポール・オリヴァー著、米口胡訳『ブルースの歴史』(1978・晶文社) ▽鈴木啓志著『ブルース世界地図』(1987・晶文社) ▽ローレンス・コーン編、中江昌彦訳『ザ・ブルース・ブック』全2巻(1997・ブルース・インターアクションズ) ▽湯川新著『ブルース――複製時代のフォークロア』新装版(1997・法政大学出版局) ▽ピーター・ファン=デル=マーヴェ著、中村とうよう訳『ポピュラー音楽の基礎理論』(1999・ミュージック・マガジン) ▽ロバート・パーマー著、五十嵐正訳『ディープ・ブルーズ』(2000・シンコー・ミュージック) ▽カイル・チャールズ著、北川純子監訳、浜邦彦・高橋明史訳『アーバン・ブルース』(2000・ブルース・インターアクションズ)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ブルースの関連情報