ブルース[blues](読み)ブルース

音楽用語ダスの解説

ブルース[blues]

19世紀半ばにアフリカからアメリカに連れてこられた黒人奴隷労働歌起源を持つブラック・ミュージック。12小節単位の基本形、ブルー・ノートの使用などの特徴を持つ。'20年代にミシシッピ・デルタでほぼ形が整い、'40年代にはシカゴ・ブルースやモダン・ブルースが登場するなど、さまざまな形に発展した。また、ロックなど他のジャンルに与えた影響の大きさも計り知れない。代表的アーティストは、サン・ハウス、ロバート・ジョンソン、サニー・ボーイ・ウィリアムソン2、T.ボーン・ウォーカー、ライトニン・ホプキンスマディ・ウォーターズB.B.キングなど。

出典 (株)ヤマハミュージックメディア音楽用語ダスについて 情報

今日のキーワード

ワンオペ育児

配偶者の単身赴任など、何らかの理由で1人で仕事、家事、育児の全てをこなさなければならない状態を指す言葉である。母親1人を指す場合がほとんどで、「ワンオペ育児ママ」という派生語もある。「ワンオペ」とは「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android