コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブルースター ブルースター Brewster, Sir David

4件 の用語解説(ブルースターの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブルースター
ブルースター
Brewster, Sir David

[生]1781.12.11. スコットランドジェドバラ
[没]1868.2.10. アレリー
イギリス物理学者エディンバラ大学で神学を学んだが,科学に興味をもち,早くから光学研究に没頭。ロイヤル・ソサエティ会員 (1815) 。セントアンドルーズ大学のカレッジ学長 (38) を経て,エディンバラ大学学長 (59) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ブルースター

英国の物理学者。初め神学を学び,のち科学研究に向かう。光学に関し多くの研究があり,ブルースターの法則を発見(1815年),万華鏡を発明,複屈折を研究,ビオとともに双軸結晶を発見。
→関連項目光弾性万華鏡

ブルースター

ブラジルやウルグアイに原産するガガイモ科の,ややつる性の多年草。星型に開く青い花を形容し,園芸的に〈ブルースター〉とよばれ,切花にされる。茎は高さ70〜80cm,長三角形の葉を互生し,ともに白毛密生して全体が白緑色をていする。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ブルースター
ぶるーすたー
Sir David Brewster
(1781―1868)

イギリスの物理学者。スコットランドのジェドバーに生まれ、1794年エジンバラ大学に入学、1802年より『エジンバラ雑誌』などの学術雑誌を編集、イギリス科学振興協会の設立(1831)に努力した。物理学史上では「ブルースターの法則」の発見者として有名である。在学中に望遠鏡などの光学機械を製作し、1798年よりさまざまな物質の屈折率を決定し始めた。これらは『新しい物理機械についての講義』と題して本にまとめられた。1815年には「屈折率は偏光角の正接である」という彼の名でよばれる法則を発見した。しかし、新しく登場した光の波動論を認めず、光の粒子論に最後まで固執した。[河村 豊]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブルースターの関連キーワードアスコットタイスコットランドヤードスコッチツイードスコット記念碑マスコットバットウルトラマンスコットスコッティ スコット フレグランススコットランド幻想曲スコッチ炭スコットランド風

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ブルースターの関連情報