コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブルーストッキング Bluestocking

翻訳|Bluestocking

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブルーストッキング
Bluestocking

18世紀中頃のイギリスの教養ある上流婦人のグループ。ビージー夫人,E.R.モンタギュー,F.バーニーらがおり,S.ジョンソンガリック,H.ウォルポールらを招いて歓談した。招かれたある人物が正装がないのでと断ると,いまはいている毛の「青い靴下」 (普段着) で結構ですと,ビージー夫人が答えたことに由来する。日本語の「青鞜」はこの訳語。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ブルーストッキング

Bluestocking Societyは〈青鞜(せいとう)派〉と訳。1750年ころ英国のモンタギュー夫人Elizabeth Montagu〔1720-1800〕らが女性も参加できる知的な会話の場として興した文芸サロンで,呼び名は常連の1人が青靴下をはいていたことに由来する。
→関連項目青鞜モンタギュー

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ブルーストッキング【bluestocking】

本来は18世紀イギリスの一部のインテリぶった女性たちに与えられた蔑称E.モンタギューがそのグループの指導者と目されていた。語源については諸説があるが,J.ボズウェルが《サミュエル・ジョンソン伝》(1791)で語るところによると,18世紀の終りごろ,エリザベス・ビージーなる女性のサロンで,インテリ女性たちの夕べの会合がしばしば開かれ,主として文学や芸術に関する高級な議論が交わされていた。男性側からも時の名士が招かれて会話に加わったが,そのなかでベンジャミン・スティリングフリートなる紳士が,普通一般の黒絹の靴下ではなく,青色のウールの靴下をはいて人目をひいた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のブルーストッキングの言及

【モンタギュー】より

…夫の家をロンドンの知性とファッションの中心にしようと努めた。彼女のサロンは〈ブルーストッキング〉とあだ名され,E.バークやH.モアなど当時の文人が多数出入りした。夫の死後もサロンの女主人として活躍するとともに,シェークスピアに関する評論の中でボルテールを攻撃するなど,みずからの文筆活動も旺盛だった。…

※「ブルーストッキング」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ブルーストッキングの関連キーワードにしいひろみ髙橋美和子藤崎代志子小舘絵梨カーター久世恭弘中村彰男北條文栄大田正樹石黒亜実上野淑子林宏和六八茂モア才女

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android