コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブレッソン Bresson, Robert

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブレッソン
Bresson, Robert

[生]1907.9.25. フランス,ピュイドドーム,ブロモンラモト
[没]1999.12.18. フランス,ウールエロアール
フランスの映画監督。ルネ・クレールの助監督を経て,長編第1作『罪の天使たち』Les Anges du péché (1943) を発表。寡作であったが,端正なフォルムによる映像美の追究により孤高の作家として高い評価を受けた。おもな作品として『田舎司祭の日記』Le Journal d'un curé de campagne (50) ,『抵抗』Un Condamné à mort s'est échappé (56,カンヌ国際映画祭監督賞) ,『バルタザールどこへ行く』Au hasard Balthazar (66) などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ブレッソン

フランスの映画監督。処女作《罪の天使》(1943年)以来,G.ベルナノス原作の《田舎司祭の日記》(1950年),《抵抗》(1956年),《スリ》(1959年),《バルタザールどこへ行く》(1964年),《白夜》(1971年),《ラルジャン》(1983年)等を発表。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

ブレッソンの関連キーワードブレッソン(Henri Cartierエグルストン(William Eggleston)ブレッソン(Robert Bresson)ウィリアム エグルストンアンヌ ウィアゼムスキーアンヌ ヴィアゼムスキーエリオット アーウィットイザベル ヴェンガルテンカルチエ・ブレッソンポール シュレーダージョセフ クーデルカフロランス ドゥレクロード ミレールアルバレス・ブラボアンリ ブレッソンマグナム・フォトスシャーカフスキーヌーベル・バーグスナップショットスリ 〈掏摸〉

ブレッソンの関連情報