コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブレトン・ウッズ体制 ぶれとんうっずたいせいBretton Woods system

知恵蔵の解説

ブレトン・ウッズ体制

保護貿易、競争的為替相場切り下げなどが第2次世界大戦の遠因になったとの反省から、国際貿易の自由化と経済成長、雇用促進を目的として創設されたIMF世界銀行GATT(WTOの前身)を軸とする第2次大戦後の国際経済体制。固定為替相場制を基礎とするIMF中心の国際通貨体制を指して使われることも多い。1944年7月、米国のニューハンプシャー州ブレトン・ウッズにおいて調印されたIMF協定によって、(1)各国は共通尺度としての金、または44年7月現在の量目純分を持つ米ドルで、その通貨の平価を表示し、為替相場の変動を平価の上下各1%以内に抑えること、(2)平価は基礎的不均衡がある場合にしか変更が認められないこと、などが定められた。この体制は、IMFが加盟国に短期的国際収支赤字のファイナンス資金を貸し出すこと、米国がドルを公定価格でいつでも金と交換すると約束することによって支えられていたが、71年8月にニクソン米大統領がドルの金交換性を停止し(ニクソン・ショック)、終わりを告げた。

(絹川直良 国際通貨研究所経済調査部長 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ブレトン・ウッズ体制【ブレトンウッズたいせい】

米国と英国が中心につくった国際通貨体制。IMF体制とも。第2次大戦末期の1944年,米国のブレトン・ウッズで開かれた連合国会議(45ヵ国参加)で成立したブレトン・ウッズ協定にもとづく。
→関連項目ニクソン・ショック

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ブレトン・ウッズ体制
ぶれとんうっずたいせい

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ブレトン・ウッズ体制の関連キーワードポンド(イギリスの通貨単位)リラ(イタリアの通貨単位)ウォーターゲート事件国際金融取引の自由化ガット(GATT)ヨーロッパ通貨制度スミソニアン協定反グローバリズムスミソニアン体制外国為替相場制度変動為替相場制金ドル本位制度構造調整政策経済通貨同盟国際金融協力国際通貨制度国際経済法クローネ南北問題保護貿易

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ブレトン・ウッズ体制の関連情報