コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブンダーリヒ ブンダーリヒ Wunderlich, Paul

3件 の用語解説(ブンダーリヒの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブンダーリヒ
ブンダーリヒ
Wunderlich, Paul

[生]1927.5.10. ベルリン
ドイツの画家,版画家。ハンブルク美術学校で学び,兵役に服したのち第2次世界大戦美術家として出発。 1960~63年パリに住んだが,以後ハンブルクに定住し高等美術学校で教えた。女性をモチーフにした版画が有名。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ブンダーリヒ

ドイツのテノール歌手。ラインラント・ファルツ州クーゼルで音楽家の両親のもとに生まれ,フライブルク高等音楽学校で学ぶ。1955年シュツットガルト歌劇場でオペラデビュー

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ブンダーリヒ【Karl Reinhold August Wunderlich】

1815‐77
ドイツの医学者。体温曲線の医学的意味を重視し,体温を診断にあたっての基本的情報として定着させたことで有名である。医師の子としてドイツに生まれ,チュービンゲン大学を卒業。パリやウィーンへの留学を経て1843年にチュービンゲン大学内科学教授となり,50年からライプチヒ大学内科学教授に転任。臨床家としてのほかに,病理学者としても発言し,R.フィルヒョーの細胞病理学説を批判した。著書としては《疾病時の体温について》(1868)が代表的であるが,ほかに《病理学各論・治療学要綱》(1858)や《医学史》(1859)も知られている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ブンダーリヒの関連キーワード止揚精神医学皇漢医学心身医学大学東校トーテンクロイツ田代正ディッセヘルテルドイツ科学者・医学者協会

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone