コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プスコフ プスコフ Pskov

3件 の用語解説(プスコフの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

プスコフ
プスコフ
Pskov

ロシア北西部,プスコフ州の州都。プスコフ湖に注ぐベリーカヤ川の河口から約 15km上流に位置する。早くからバルト海沿岸地方との交易の中心地として開けたロシア最古の都市の一つで,年代記の 903年に記録されている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

プスコフ【Pskov】

ロシア連邦北西部,同名州の州都。プスコフ湖に流入するベリカヤ川の河畔に位置する内陸都市。人口20万8000(1993)。バルト海によって西ヨーロッパと結ばれていた中世ロシアの大きな商業都市で,13~16世紀にはノブゴロドとともにロシアを代表する対ハンザ貿易の窓口であった。また13~15世紀には,ロシアの〈自由都市〉とも呼ばれる共和政体の都市国家として発展し,政治的にもその後のロシア史上に例を見ない独自の一時代を画した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

プスコフ
ぷすこふ
Псков Pskov

ロシア連邦北西部、プスコフ州の州都。ロシアの古都で、観光都市として知られる。人口20万2900(1999)。ベリーカヤ川沿岸に位置する鉄道の分岐点。年代記の903年に現れる古い町で、交易の中心地として栄えた。1240年ドイツ騎士団により占領されたが、のち独立し、13世紀にもっとも栄えた。14世紀ハンザ同盟に加入したが、16世紀初めモスクワ大公国に併合された。市内にはクレムリン(城塞(じょうさい))、トロイツキー大聖堂など12~18世紀の建築記念物が多数保存され、訪れる観光客が増えている。工業の発展も目覚ましく、電話、モーター、電気機械、合成繊維設備製造、食品工業が主要なものである。教育大学、歴史・芸術博物館、ドラマ劇場、人形劇場がある。[中村泰三]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

プスコフの関連キーワードアルハンゲリスクカルーガキーロフベルゴロドАрхангельскアニチコフ宮殿КирилловПсковチュド[湖]ビャトカ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

プスコフの関連情報