プリント

精選版 日本国語大辞典「プリント」の解説

プリント

〘名〙 (print)
謄写版や簡易な印刷機によって、会議や授業などのための資料を印刷すること。また、その印刷物。
※学生時代(1918)〈久米正雄〉求婚者の話「昨日やうやく買ひ求めた商法の講義のプリントが」
② 映画・写真で、陰画(ネガ)をフィルム印画紙に焼きつけて陽画にすること。また、その焼きつけられたフィルムや写真。
風俗画報‐二八八号(1904)「万世不変色 ソーラー 肖像画 プリント」
捺染(なっせん)機や型紙を使って布地に模様を染めつけること。また、その布地。染。プリント地。
※ひさとその女友達(1949)〈広津和郎〉二「加代子はプリントのワンピースを着てゐたが」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「プリント」の解説

プリント(print)

[名](スル)
印刷すること。また、印刷物。「楽譜プリントする」
解答を書き込んで学習する問題用紙。教師による手作りの印刷物と、業者が発行する出版物とがある。
映画や写真で、陰画を焼き付けて陽画にすること。また、その焼き付けられた写真やフィルム。
捺染なっせんすること。また、捺染した布地。
[類語]印刷刷る模様文様図柄絵柄図案パターン地紋もんあや文目あやめ紋柄もんがら図様意匠デザイン

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のプリントの言及

【更紗】より

…日本で模倣製作されたものは特に〈和更紗〉と称する。〈さらさ〉は元来輸入語であるが,今日,日本でのみ使用される染色用語で,英語ではインド更紗には〈チンツchintz〉,ジャワ更紗には〈バティックbatik〉,ヨーロッパの更紗には〈プリントprinted cotton〉の名が当てられる。〈さらさ〉の語源についてはジャワ語のsrash,ポルトガル語のsarassa,saraça,スペイン語のsaraza,インド西海岸の要港であったスラタ(スラト)Sulatの転訛(《紅毛雑話》),などが挙げられるが,いずれも確かな証拠はない。…

※「プリント」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android