コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プロバンス文学 プロバンスぶんがく

1件 の用語解説(プロバンス文学の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

プロバンスぶんがく【プロバンス文学】

西ローマ帝国の滅亡(476)後,ガリア地方(今日のフランス)はゲルマン民族の侵入によって言語的統一が失われ,ほぼ8世紀ころから,ロアール川以南の地には,北仏語(オイル語)とかなり相違した南仏語(オック語)が発生した。この南仏語で書かれた文学を総称して,一般にプロバンス文学という。このようにフランス南東部の一地方名を冠して,この文学をプロバンス文学と呼称するのは必ずしも妥当ではない。これは,19世紀中葉,プロバンスの詩人ミストラルらによって南仏文学復興運動〈フェリブリージュ〉が興され,この運動が南仏全域の言語・文学の刷新・興隆に大きな役割を果たしたためである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

プロバンス文学の関連キーワードオドアケルギボン大秦西ローマ帝国東ローマ帝国伊太利ローマ帝国Λάρισα古代ローマ帝国中世ローマ帝国

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone