コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プロピオン酸 プロピオンさんpropionic acid

翻訳|propionic acid

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

プロピオン酸
プロピオンさん
propionic acid

化学式 C2H5COOH 。脂肪族カルボン酸の一つ。刺激臭を有する無色の液体で,沸点 141.1℃。 n -プロパノールの酸化によって得られる。水に可溶。エステル化の試薬として,果実香料の合成などに用いられるほか,ナトリウム塩はカビによる皮膚疾患の治療薬となる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

栄養・生化学辞典の解説

プロピオン酸

 C3H6O2 (mw249.91).CH3CH2COOH.

 保存料,着香剤として使われる食品添加物.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

プロピオン酸
ぷろぴおんさん
propionic acid

飽和脂肪酸の一つ。プロピオニトリル(プロパンニトリル)を加水分解するか、1-プロパノール(プロピルアルコール)を酸化すると得られる。水とよく混じり合うが、ギ酸や酢酸と異なり、塩析すると油状物として分離する。エタノール(エチルアルコール)、エーテルと任意の割合で混じり合う。エステル化剤として有機合成に用いられるほか、カルシウム塩、ナトリウム塩はカビ防止剤として用いられる。反芻(はんすう)動物は、第一胃中での細菌発酵により、セルロース・糖質をプロピオン酸に変えてエネルギー源としている。[廣田 穰]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

プロピオン酸の関連キーワードコルベ(Adolf Wilhelm Hermann Kolbe)プロピオニルCoAカルボキシラーゼステロイド外用剤の使い方と副作用プロピオン酸(データノート)ロキソプロフェンナトリウム脂肪酸生合成阻害型除草剤プロピオン酸バクテリア副腎皮質ホルモン剤パラアミノ安息香酸ビタミンB12発酵プロピオン酸発酵プロピオン酸血症反すう(芻)胃男性ホルモン剤ビタミン依存症女性ホルモン剤プロピオン酸菌プロドラッググリセリン酸気管支拡張剤

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android