コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プロペルティウス Sextus Propertius

百科事典マイペディアの解説

プロペルティウス

ローマの詩人。キュンティアと呼ぶ女性への恋を歌った詩が《詩集》4巻の大半を占め,恋の諸相を情熱的に描いている。神話伝説を比喩(ひゆ)に用い難解であるが,ゲーテはじめ後世への影響は大きい。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

プロペルティウス【Sextus Propertius】

前47ころ‐前2以前
ローマの抒情詩人。ウンブリア地方のアシシウム(現在のアッシジ)の裕福な家庭に生まれた。プロペルティウスは,アウグストゥス時代に活躍したラテン詩人たちの中では,ウェルギリウスホラティウスよりも1世代若い。しかし,彼が詩作を始めた時期は比較的早く,前28年ころには,恋愛抒情詩の韻律として確立していた2行単位のエレゲイア(エレジー)の詩型を用いて《詩集》第1巻を公にしている。《詩集》公刊後,彼はアウグストゥスの腹心で文人たちのパトロンでもあったマエケナスの庇護を受けるようになった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

プロペルティウス【Sextus Propertius】

前47頃~前2以前) 古代ローマの抒情詩人。一女性への恋やローマの伝説などを題材にした「詩集」四巻がある。ラテン恋愛抒情詩人の代表者の一人。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

プロペルティウス
ぷろぺるてぃうす
Sextus Propertius
(前48ころ―前16ころ)

古代ローマのエレゲイア詩人。アッシジの生まれ。文人保護者マエケナスの文学サロンに属す。『エレゲイア詩集』四巻の中心をなすのは、キュンティアとよぶ女性との恋のいきさつを神話の比喩(ひゆ)を豊富に用いて歌う、難解な、しかし繊細で情熱的な恋愛詩。のちには時代精神に順応して、ローマの伝説物語などもテーマにしている。[中山恒夫]
『呉茂一訳詩集『花冠』(1973・紀伊國屋書店)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のプロペルティウスの言及

【ラテン文学】より

…有力者たちは文人保護に乗り出し,その周囲に一種の文学サークルが作られた。特に顕著だったのはアウグストゥス帝の右腕ともいうべきマエケナスのサークルで,ウェルギリウス,ホラティウス,プロペルティウス,ウァリウスVarius,プロティウス・トゥッカPlotius Tuccaなど,ラテン文学を代表する詩人たちがマエケナスの援助を受けて,職業詩人として活躍し,時代精神の形成に貢献した。メッサラのサークルにはティブルスと,リュグダムスLygdamusやスルピキアSulpiciaが属した。…

※「プロペルティウス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

プロペルティウスの関連キーワードラテン文学史(年表)レオニダス(詩人)オウィディウスカトゥルスラテン文学ガルス題材

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android