コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘプタン ヘプタン heptane

翻訳|heptane

3件 の用語解説(ヘプタンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヘプタン
ヘプタン
heptane

化学式 C7H16 。炭素原子数7個のメタン系炭化水素で異性体が9種あり,いずれも無色の液体である。 n -ヘプタンは沸点 98℃。石油中に含まれる。工業的にはおもに石油精製により分留され,燃料,化学工業原料,有機溶媒として用いられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ヘプタン(heptane)

炭素数が7個のメタン系炭化水素。石油中に存在する。無色の可燃性液体。9種の異性体がある。ガソリンエンジンノッキングの原因となり、オクタン価の測定に用いられる。化学式C7H14

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヘプタン
へぷたん
heptane

アルカンに属する炭素7個の炭化水素の総称。9種の異性体が知られているが、普通、ヘプタンというと直鎖状のn‐ヘプタンCH3(CH2)5CH3をさす。n‐ヘプタンは石油中に存在する。
 揮発性、可燃性の液体で水に不溶、アルコールに可溶。マウスに対する致死量は1万5900ppm。ガソリンエンジンのノックを調べる標準に用いる。蒸気を吸うと気管を刺激する。高濃度では麻酔性をもつ。[佐藤武雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヘプタンの関連キーワード不斉炭素原子立体配置ベンゼン環炭素鎖ワープドナノグラフェンエピマー化三重項状態ファントホッフの式(立体化学)擬不斉炭素原子炭素原子

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ヘプタンの関連情報