コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘプタン heptane

翻訳|heptane

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヘプタン
heptane

化学式 C7H16 。炭素原子数7個のメタン系炭化水素で異性体が9種あり,いずれも無色の液体である。 n -ヘプタンは沸点 98℃。石油中に含まれる。工業的にはおもに石油精製により分留され,燃料,化学工業原料,有機溶媒として用いられる。市販の石油ベンジンはヘプタン,ヘキサンなどの混合物である。水に不溶,アルコール,エーテルに可溶である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヘプタン
へぷたん
heptane

アルカンに属する炭素7個の炭化水素の総称。9種の異性体が知られているが、普通、ヘプタンというと直鎖状のn‐ヘプタンCH3(CH2)5CH3をさす。n‐ヘプタンは石油中に存在する。
 揮発性、可燃性の液体で水に不溶、アルコールに可溶。マウスに対する致死量は1万5900ppm。ガソリンエンジンのノックを調べる標準に用いる。蒸気を吸うと気管を刺激する。高濃度では麻酔性をもつ。[佐藤武雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ヘプタンの関連キーワードイソオクタンノルボルナン高級炭化水素カルボン酸トロポロンリン(燐)アルデヒドエナント酸トルエンオクタンアルカン

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ヘプタンの関連情報