コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベネシュ Beneš, Edvard

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベネシュ
Beneš, Edvard

[生]1884.5.28. オーストリア=ハンガリー帝国,コズラニ
[没]1948.9.3. チェコスロバキア,セジモボウスティー
チェコスロバキア(→チェコ)の政治家。大統領(在任 1935~38,1945~48),首相(在任 1921~22)。農家の生まれ。プラハ,フランスのパリやディジョンの各大学で学び,1908年に法学博士号を取得。1909年プラハ商業専門学校の経済学教授,1913年チェコ大学の教授に就任。オーストリア=ハンガリー帝国からの独立を主張したため,第1次世界大戦勃発に際しトマーシュ・ガリク・マサリクとともにスイスに亡命,1916年パリでチェコスロバキア民族議会を結成し,書記長に就任した。1918年オーストリア=ハンガリー帝国が崩壊,チェコスロバキア共和国独立後,1918~35年外務大臣を務め,1921~22年首相を兼任した。1935年マサリクの跡を継いで大統領に就任したが,1938年ナチス・ドイツの圧力に屈してズデーテン地域を割譲(→ミュンヘン会談)した責任をとり辞職,アメリカ合衆国に亡命した。第2次世界大戦中はフランスとイギリスでナチスに対する抵抗運動を組織。1940年臨時政府の大統領に就任。ソビエト連邦との関係を重視し,1943年モスクワで同盟条約を締結。1945年3月,ソ連軍のスロバキア進駐に伴って帰国。引き続き大統領の職にあったが,1948年クレメント・ゴットワルトを首班とする親ソ連政権の新憲法承認を拒否,大統領職を辞した。(→チェコスロバキア史

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ベネシュ(Edvard Beneš)

[1884~1948]チェコスロバキアの政治家。第一次大戦中、国外で独立運動を指導し、独立後、外相・首相、1935年から大統領。1938年のミュンヘン会談後、英国へ亡命。1945年、再び大統領となるが、1948年のチェコ革命により辞任。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

ベネシュ

チェコスロバキアの政治家。第1次大戦中はマサリクに協力して独立運動を推進。独立後1918年外相となり,1920年―1921年小協商を実現,1935年大統領。1938年ミュンヘン協定(ミュンヘン会談)の成立で英国に亡命。
→関連項目チェコスロバキア

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ベネシュ【Edvard Beneš】

1884‐1948
チェコスロバキアの政治家。ボヘミアの農村の生れ。ヨーロッパ各地で学び,法律学と哲学を修め,1909年にプラハの商科大学教授となった。第1次世界大戦が始まると,マサリクらの独立運動に身を投じ,15年には西欧に亡命し,連合国との交渉にあたった。18年のチェコスロバキア独立とともに外相に就任した。国際連盟の場で,小国の利益を代弁し,連盟の強化を唱えると同時に,パリ平和条約で生み出されたいわゆるベルサイユ体制の維持を目的として,ユーゴスラビア,ルーマニアとの間に小協商と呼ばれる同盟をも結び,さらに列強の中ではフランスとの関係を重視した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ベネシュ【Eduard Beneš】

1884~1948) チェコスロバキアの政治家。第一次大戦中フランスで祖国独立運動を推進、独立後外相・首相を経て1935年大統領。第二次大戦中はロンドンで亡命政権を組織、戦後帰国して再び大統領。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ベネシュ
べねしゅ
Edvard Benes
(1884―1948)

旧チェコスロバキアの政治家。ボヘミアの農民の出。プラハとパリで学び、1909年からプラハの経済アカデミーで教鞭(きょうべん)をとる。第一次世界大戦中はマサリクらとともに国外での独立運動の指導者となった。独立後、外相(1918~35)、首相(1921~22)となり、35年から大統領。この間、一貫して当時のチェコスロバキア外交を指導した。西欧列強、とくにフランスとの関係を重視し、東欧ではユーゴスラビア王国、ルーマニアとの間に小協商を結成し、さらにソ連との関係改善にも努力した。また国際連盟でも小国の利益の代弁者として活躍。38年のミュンヘン会議のあと、ロンドンに亡命。45年の解放と同時に帰国し、ふたたび大統領となったが、48年2月の共産党による革命ののちに辞任。同年9月、失意のうちに世を去った。[林 忠行]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のベネシュの言及

【小協商】より

…この呼称はハンガリー人ジャーナリストが1920年に嘲笑(ちようしよう)気味に用いたのが最初とされる。オーストリアとハンガリーによるハプスブルク帝国再建を阻止することを目的として,チェコスロバキアの外相ベネシュが中心となり,ハンガリーの領土回復要求に脅威を感じるユーゴスラビアやルーマニアと相互援助を取り決めるための交渉に入った。その結果,20年8月チェコスロバキアとユーゴスラビア間に,ハンガリーの攻撃に対する相互援助条約が締結された。…

【チェコスロバキア】より

…初代蔵相ラシーンの通貨政策,デフレ政策は,失業問題などを深刻化したものの,戦後インフレの克服,通貨コルナの地位向上に貢献した。 新興独立国チェコスロバキアの存立には安定した国際環境が必要で,長期にわたって外相をつとめたベネシュは,戦後国際体制の現状維持を図り,国際連盟を重視した。また,ハプスブルク帝国の復活を防ぐため,1920年ユーゴスラビアと,21年ルーマニアと対ハンガリー防御同盟を結び,小協商が成立した。…

※「ベネシュ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ベネシュの関連キーワードマサリク(Tomáš Garrigue Masaryk)チェコおよびスロバキア史(年表)M.R. シュテファーニクシュテファーニクチェコ二月革命レジスタンスクラマーシュコシツェ政権5月28日6月29日二月事件亡命政権コシツェ舞踊譜

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ベネシュの関連情報