ベンチ(英語表記)Bench, Johnny

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベンチ
Bench, Johnny

[生]1947.12.7. オクラホマ,オクラホマシティー
アメリカ合衆国のプロ野球選手。本名 Johnny Lee Bench。大リーグ最高の捕手の一人と評された。1965年シンシナティ・レッズと契約,マイナーリーグでプレーしたあと,1967年シーズン終盤に大リーグに昇格した。打撃にも優れ,1970年と 1972年にナショナルリーグの本塁打王,打点王の 2冠,1974年には打点王に輝いた。また,ピート・ローズ,ジョー・モーガンとともに,レッズの 4度にわたるワールドシリーズ進出に貢献,レッズはそのうち 1975年と 1976年にシリーズ制覇を果たした。1968~77年 10年連続でゴールドグラブ賞を獲得したほか,いまでは一般的となった片手捕球のスタイルを普及させた。1983年引退。1989年野球殿堂入り。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ベンチ(bench)

簡単な造りの長い腰掛け。「公園のベンチ
野球場などで、監督・コーチ・選手などの控え席。転じて、監督・コーチのこと。「ベンチから指示が出る」→ダッグアウト

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

岩石学辞典の解説

ベンチ

単層(layer)のことで,10世紀頃の古い英語である.bencは座席,仕事台,段,層などの意味[Parkinson : 1820, Arkell & Tomkeieff : 1953].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ベンチ【bench】

座家具の一種で,一般に背もたれのない長い腰掛けのこと。イギリスでは背もたれつきの長椅子(セティーsettee)を意味する場合もある。ベンチの歴史は古く,古代ギリシアでは2人以上が座ることのできる背もたれのない腰掛けをバトロンbathronと呼んだが,これは哲学者やソフィストの講話を聴講する学生や学校の子どもたちが授業に使う代表的なベンチであった。このバトロンは高い寝台に上がるときの足台としても使われた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ベンチ【bench】

数人掛けの細長い椅子。長椅子。
競技場・野球場に設けられる、選手・監督・コーチなどの控え席。転じて、監督・コーチ陣。 「 -の指示を仰ぐ」 → ダッグアウト
波食棚。
[句項目] ベンチを温める

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ベンチ
べんち
Johnny Lee Bench
(1947― )

アメリカのプロ野球選手(右投右打)。大リーグ(メジャー・リーグ)のシンシナティ・レッズで捕手としてプレー。「ビッグレッド・マシン」とよばれた強力打線で4番を務めた強打者である。
 12月7日、オクラホマ州オクラホマ・シティで生まれる。1965年、ドラフト2巡目指名を受けてレッズに入団。3年間はマイナー・リーグで過ごしたが、当時から強肩と守備のよさは注目されており、有望株と期待されていた。1967年終盤に大リーグへ初昇格すると、68年には打率2割7分5厘、ホームラン15本、打点82の好成績と、ゴールドグラブ賞を受賞した好守で新人王に選ばれた。1970年と72年には本塁打と打点の二冠王となり、リーグ優勝に貢献して最優秀選手(MVP)を受賞。1974年には3回目の打点王を獲得した。4256安打の通算最多記録保持者ピート・ローズ、万能二塁手ジョー・モーガンJoe Leonard Morgan(1943― )、長距離打者ジョージ・フォスターGeorge Arthur Foster(1948― )とともに猛打を振るった1975年と76年には2年連続でワールド・シリーズを制し、黄金時代を築いた。1977年までゴールドグラブ賞の受賞を10年間も続けたが、過酷なポジションのため故障がちとなり、以降は徐々に出場機会が減少。1983年を最後に現役を引退した。地元での最後の試合で通算389本目となる最後のホームランを打ち、シンシナティのファンに別れを告げた。
 17年間の通算成績は、出場試合2158、安打2048、打率2割6分7厘、本塁打389、打点1376。獲得したおもなタイトルは、新人王、本塁打王2回、打点王3回、MVP2回、ゴールドグラブ賞10回。1989年に野球殿堂入り。[山下 健]
『ジョニー・ベンチ著、ジョン・サミス編、池田郁雄訳『ジョニー・ベンチのキャッチング』(1981・ベースボール・マガジン社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ベンチ

〘名〙 (bench)
① 待合室や公園などに置いて、数人が同時に使える横長の腰かけ。長椅子。
※開化のはなし(1879)〈辻弘想〉初「高机(テヱブル)倚子(ベンチ)などを駢(なら)べ」
② 競技場内の選手や監督のすわる席。また、野球場内の一塁側と三塁側にある選手や監督のすわる席。ダッグアウト。転じて、常にそこにいて指示などを与えるところから、試合中の監督やコーチをさしていう。
※日本野球史(1929)〈国民新聞社運動部〉慶応一高に挑戦「慶応のベンチからも二三人駈出して来た」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のベンチの言及

【海底地形】より

… 海台plateauかなりの広さを有する平たんないしはほぼ平たんな地域で,その一方またはそれ以上の方向が急に深くなっているもの。 海段terrace―bench―deep sea terrace比較的平たんで,水平または緩く傾斜する表面を有し,しばしば長くかつ狭い。一方は急な上り斜面で,他方は急な下り斜面で境されている。…

※「ベンチ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ベンチの関連情報