ペガサス(英語表記)Pegasus

翻訳|Pegasus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「ペガサス」の解説

ペガサス
Pegasus

宇宙塵や隕石の調査を目的とするアメリカの人工衛星シリーズ。3個打上げられた。 4.2m,長さ 28.8mの大きな2枚のをもった衛星で,軌道に乗るまでは7つ折りにされている。このことからペガサス (ギリシア神話ペガソス) の名がついた。この翼は,アルミニウムプラスチックの合成薄でつくられ,宇宙塵や隕石がこの膜に当ると電気的にその強さを検出できるようにしてある。衛星全体の重さは約 1.45t。1号は 1965年2月,2号は同年5月,3号も同年7月に,いずれもサターンI型ロケットで打上げられた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「ペガサス」の解説

ペガサス

(Pegasus)
[一] ギリシア神話中の翼を持つ神馬。ペルセウスに殺されたメドゥーサの肩の切口から生まれた。英雄ベレロフォンの持馬となり、怪物キマイラ退治やアマゾン族との戦いで活躍する。また、ひづめで地を蹴って多くの泉を噴出させた。死後天上に昇って星座となったという。天馬。ギリシア語名ペガソス。ラテン語名ペガスス。
※青春(1905‐06)〈小栗風葉〉春「天才(ゼネヤス)が天馬(ベガサス)なら」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android