コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ペトロザボーツク Petrozavodsk

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ペトロザボーツク
Petrozavodsk

ロシア北西部,カレリア共和国の首都。オネガ湖西岸に位置する。 1703年ピョートル1世の勅令で,ロシアの新首都サンクトペテルブルグのための武器を製造する工場が建設されたことに始り,市名は「ピョートルの工場」を意味するペトロザボードに由来。現在,機械 (農業,製紙) ,木材加工,家具,水産物加工などの工業がある。ペトロザボーツク大学 (1940) ,林業大学,教育大学,科学アカデミー支部などがおかれている。サンクトペテルブルグの北東約 300kmにあり,鉄道,ハイウェーで連絡。空港,河港もある。人口 26万3540(2010)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ペトロザボーツク

ロシア北西部,カレリア共和国の主都。オネガ湖西岸の港湾都市。機械工業が行われる。大学(1940年創立)がある。1703年創設。1774年兵器工場が設けられて発展。
→関連項目カレリア

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ペトロザボーツク【Petrozavodsk】

ロシア連邦北西部にあるカレリア共和国の首都。人口27万9000(1993)。オネガ湖西岸に位置し,鉄道でサンクト・ペテルブルグ,ムルマンスクと結ばれている。教育大学とロシア科学アカデミー支部があり,金属,木材工業の中心である。1774年にエカチェリナ2世がここに兵器工場を建て,79年に市制を施行した。1801年オロネツ県の県都となり,1940‐56年カレロ・フィン共和国の首都であった。【小泉 保】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ペトロザボーツク【Petrozavodsk】

ロシア連邦の北西部、カレリア共和国の首都。オネガ湖の西岸に位置する港湾都市。機械・木材加工・水産加工などの工業が盛ん。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ペトロザボーツク
ぺとろざぼーつく
Петрозаводск Petrozavodsk

ロシア連邦北西部、カレリア共和国の首都。オネガ湖の西岸に位置する。港湾を有し、鉄道分岐点で、カレリアの行政、経済、文化の中心地。人口28万2500(1999)。1703年ペトロフスカヤ村にピョートル大帝が製鉄所を建設、要塞(ようさい)もつくられて発展し、1777年ペトロザボーツク市となった。市の躍進は、ロシア革命後の1923年、当時のカレリア自治共和国の成立とともにその首都となってからで、各種工業、文化、行政の諸施設が建設された。主要工業は機械(トラクター、製紙用機械)、木材加工、建設資材、水産加工である。教育・文化施設としては、総合大学、教育大学、各種劇場、博物館がある。市街は湖岸の5段の段丘上に約20キロメートルにわたって延びている。空港所在地。[中村泰三]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ペトロザボーツクの関連キーワードカレリア(ロシアの地名)ロジェストベンスキーカレリア[共和国]白海バルト海運河キーロフスクアンドロポフロシア連邦コンドポガ水産加工セゲジャキジ島

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android