コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ペプトン ペプトン peptone

翻訳|peptone

6件 の用語解説(ペプトンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ペプトン
ペプトン
peptone

天然の蛋白質を人工的に処理したときの部分的な加水分解物で,硫酸アンモンによる塩析で沈殿しなくなった程度のもの。分解は酸,アルカリプロテアーゼなどによる。細菌その他微生物の培地用の窒素源として用いられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ペプトン(peptone)

たんぱく質がペプシンや熱・酸などによって分解されたときにできる、たんぱく質アミノ酸との中間的な物質。さまざまな大きさのペプチド混合物

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典の解説

ペプトン

 タンパク質を酵素や酸で部分的に加水分解して得る多くのペプチドの混合物.微生物の培養などに使われる.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ペプトン【pepton】

タンパク質の分解産物。微生物培養時の窒素源として広く用いられる。タンパク質をタンパク質分解酵素や酸,アルカリなどで加水分解させて得る。さまざまな長さのポリペプチドオリゴペプチドの混合物である。【柳田 充弘】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ペプトン【peptone】

タンパク質の、酵素や酸・アルカリによる加水分解物。特に、ペプシンの作用によってできるものをいうことが多い。水に溶け、熱によって凝固せず、プロテオースと異なり硫酸アンモニウムによって沈殿しない。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ペプトン
ぺぷとん
peptone

比較的安価な牛乳カゼイン、獣肉、ダイズタンパクなどを酸や安価なプロテアーゼなどによる部分加水分解産物中、分子量の小さいポリペプチドであるプロテオースよりも低分子で小さく、水によく溶け、熱凝固せず、硫安塩析などの沈殿法で沈殿を生じないものをいう。通常、乾燥した粉末として利用している。比較的小さなペプチドやアミノ酸の混合物である。ビウレット反応で紅紫色に呈色する。以前はタンパク質のペプシンによる分解物を意味した。種々のペプチダーゼによってさらに分解され、アミノ酸となる。微生物を培養するとき、窒素源として用いられる。高温の酸で処理した場合はトリプトファンが破壊されている可能性があるので、原料によってはトリプトファンを補充する必要がある。カゼインペプトンは含硫アミノ酸システインメチオニンが少ないので、これも必要に応じて補充する。[野村晃司]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ペプトンの関連キーワード色素蛋白質タンパン糖蛋白質アポタンパク質色素タンパク質単純タンパク質タンパク質欠乏タンパク尿乳タンパク質複合タンパク質

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone