コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ペルシア帝国 ペルシアていこく

5件 の用語解説(ペルシア帝国の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ペルシア帝国
ペルシアていこく

「アケメネス朝ササン朝」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ペルシア‐ていこく【ペルシア帝国】

古代ペルシアアケメネス朝の帝国(前550~前330)。ダレイオス1世の時にオリエントを統一、ギリシャ遠征(ペルシア戦争)に失敗、アレクサンドロス大王の東征により滅亡。→アケメネス朝

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ペルシア帝国【ペルシアていこく】

アケメネス朝ペルシアの別称。Persiaは,前7世紀以来イラン族ペルシア人の居住地となったイラン高原南西部のパールサ(現ファールス)の名に由来する語。自称はイーラーン(〈アーリヤ人の国〉の意)で,ギリシア人ペルシスローマ人はペルシアと呼んだ。
→関連項目アレクサンドロス[大王]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ペルシアていこく【ペルシア帝国】

前6世紀後半に古代オリエント世界の統一を完成し,その後およそ2世紀にわたって中央アジアからエジプトに至る広域支配を続けた帝国の称。アケメネス朝ペルシア(アケメネス朝)ともいう。
[歴史]
 ペルシア人はメディア人とともに西イラン族に属し,前1000年ころイラン高原に到来した。前843年,アッシリア王シャルマネセル3世の碑文にみえるパルスアParsuaが記録に現れる最初である。彼らは当時ウルミエ(レザーイエ)湖南西部にいたが,その後ザーグロス山脈を南下し,前7世紀前半にエラムアンシャン地方に入って定住した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ペルシア帝国
ぺるしあていこく
Persia

イランにアケメネス朝を建てたペルシア人が支配した古代オリエントの大帝国。ペルシア人はインドヨーロッパ語族のアーリア民族の一系統の遊牧民で、同族のメディア人マンナイ人とともにウルミーエ湖周辺に住んでいた。紀元前1000年ころ他のアーリア民族とイラン北西部へ移動してきた。[吉村作治]

勃興と発展

当時ペルシア人は10の部族から構成されており、アケメネス家もそのなかの一部族に属していたが、前700年ころ、王朝の祖アケメネスが指導的地位を獲得し、ザーグロス山脈を南下してファールス地方に定住した。その子テイスペスはアンシャン地方を征服してアンシャンの王と称し、この称号が歴代諸王に用いられた。王の死後、前640年から王国は2人の子供キロス1世とアリアラムネスによって分割統治され、それはダリウス1世の統一まで続けられた。兄のキロス1世は長子アルックを人質としてニネベに送り、アッシリアの宗主権を認め、またメディアにも服従していた。前612年メディア王キャクサレスはバビロニア王ナボポラサルと同盟を結んでニネベを攻撃し、アッシリアは滅亡した。その結果メディアはイランの大部分を版図とする大国となり、前585年ころキャクサレスの子アスティアゲスがその後継者として即位した。
 一方、キロス1世の後を継いだカンビセス1世は、友好を深めるためにメディア王アスティアゲスの娘と結婚した。またキロス1世の弟アリアラムネスの王位はその子アルサメスが受け継いだが、まもなくカンビセス1世により退位させられ、その子ヒスタスペスはヒルカニア総督になった。
 カンビセス1世の子キロス2世はペルシアをメディアの支配から独立させ、アケメネス朝による統一国家を築いた。前559年即位したキロス2世はバビロニアのナボニドスと同盟し、祖父のメディア王アスティアゲスを破り、メディアは首都エクバタナを攻略されて滅亡した。メディアはペルシアの属州となったが、メディア人は帝国内において被征服民族のなかでもっとも高い地位を与えられ優遇された。[吉村作治]

帝国としての発展

ペルシア帝国の急激な発展は近隣諸国に脅威を与えた。メディア攻略では同盟国であったバビロニアもペルシアの進出に対抗して、エジプトやスパルタとともにリディアと同盟した。しかしキロス2世は、前546年、リディア王クロイソスを破り小アジア地方を征服し、前539年にはバビロニアの首都バビロンを占領した。王は、バビロニア王ナボニドスとマルドゥク神官団との内紛に乗じて、バビロン入城を果たした。幽閉されていたユダヤ人をはじめとする諸民族を解放したのち、マルドゥク神殿の再興を許し、神官からバビロニアの王としての称号も与えられた。王は、征服した民族に対しては、兵役と納税の義務を果たせば自治権を認めた。王は、異民族の連合国家であった広大な帝国を治めるために、各民族特有の支配機構を廃することなくむしろ利用したのである。この基本方針は帝国支配の大前提として受け継がれた。王はさらに北東の遊牧民討伐に着手したが、前529年その遠征中に死去した。キロス2世はメディアを征服してから約20年間で、ペルシアを、東はインダス川から西は小アジア地方にまで及ぶ大帝国に築き上げたのであった。[吉村作治]

ダリウス1世の登場

キロス2世の後を継いだその子カンビセス2世は、父王の事業を継続するとともに、前525年エジプト征服を達成した。しかししだいに専制君主の傾向が顕著となったため、王のエジプト遠征中にその弟バルディアとマゴス僧ガウマータが反乱を起こし帝国を支配した。一方その知らせを聞いたカンビセス2世は急遽(きゅうきょ)帰国するが、その途中死去してしまった。この事件に関しては諸説があり、カンビセス2世は自殺したという説もある。
 これによって帝国は混乱し、諸民族は反乱を起こしたが、前522年ダリウス1世はガウマータ一派を倒し帝国を再統一した。このダリウス1世は前述のアリアラムネスの血筋を引くヒルカニア総督ヒスタスペスの子であった。しかし王は国内の反乱を鎮圧するために数年を費やした。前520年サルディスの総督オロイテスの謀反を鎮め、前519年にはサカ人を討伐した。そして前519年から翌年に行われたエジプトの反乱制圧をもって最終的な帝国の再統一事業は完了した。王は統一の経過を、エクバタナとバビロンを結ぶ旧道近くにある岩山に刻ませた。ベヒスタン碑文とよばれるこの碑文には、ダリウス1世の王位継承の正統性が書かれているが、それは王がアケメネス家の傍系出身であったためである。そして王権獲得の正統性を示すために、ゾロアスター教の主神アフラ・マズダーの意志によって王位を与えられたと述べている。そのほかこの碑文には、各州の反乱の鎮圧、アフラ・マズダー神に対する信仰心なども刻まれている。
 一方ダリウス1世は、キロス2世の支配体制を受け継ぎながら、王家の中央集権化を進めていった。まず広大な領土を約20の行政単位に分割し、各州にはサトラップとよばれる総督を任命して統治させるサトラップ制を確立した。この制度はキロス2世治下に始まるが、ダリウス1世は各州に納税の義務を与えることによって税収入を確実にし、国家財政を安定させた。租税はサトラップが徴集した。また王は新しい貨幣を鋳造して貨幣経済を導入したが、全国的に普及するには時間を要した。ダリウス1世のつくった金貨はダレイコスとよばれている。各州は納税のほかに兵役が課されていた。ペルシア人は特権として免税権をもっていたが兵役の義務はあった。ペルシア軍は、ペルシア人とメディア人から編成された不滅隊とよばれる常備軍と、1000人のペルシア貴族からなる親衛隊があった。親衛隊を指揮する千人隊長は宮廷の要職として、軍の指揮のほかに財政管理や王の官房長官の権限をもっていた。
 被征服民族は、兵役と納税を怠らなければ、従来の制度や慣習、宗教に対して統制されることはなかった。しかし中央からは地方行政の監督官である「王の目」とよばれる官吏が派遣され、その補佐官「王の耳」とともに、各州の動向を絶えず王に報告した。広大な帝国を支配するには、地方と中央との情報伝達を敏速に行う必要性があった。また軍隊の移動も速やかに行われなければならなかった。そのため交通網の整備が促進された。中央官庁のある都スーサとサルディスの間には王道が建設されて、駅伝制が導入され、エジプトではナイルと紅海を結ぶ運河が掘られた。交通機構の発達や貨幣経済の確立、度量衡の統一によって、交易などの商業経済が大きく発展した。
 ダリウス1世はペルセポリスを帝国の新しい首都と定め、前520年にこの建設を開始した。宮殿建設には各州から集められた国民が賦役として作業を行った。しかしペルセポリスは政治の中心というより王の神聖な都として、歴代諸王が増築を続けた。ダリウス1世は帝国内での宗教は統一せず、征服した民族には寛大な処置をとったが、王はアフラ・マズダー神を崇拝した。アケメネス朝のこの政策は、複数民族の連合であった帝国を支配するために非常に有効であった。前513年になるとスキタイを攻撃した。前500年にはミレトス市を中心にイオニア諸市が反乱を起こしたため、前々から征服を欲していた王はこの事件を口実にギリシア遠征を開始した。しかし前492年と前490年の2回にわたる遠征(ペルシア戦争第1回遠征)は失敗し、ギリシアとの本格的な戦いはダリウス1世の後継者クセルクセス1世によって行われる。[吉村作治]

ギリシアとの戦争と衰退

前486年即位したクセルクセス1世は、エジプトとバビロンに起こった反乱を鎮圧したのち、ギリシア遠征(ペルシア戦争第2回遠征)を行った。しかしペルシア軍は前480年サラミスの海戦でアテネ艦隊を中心としたギリシア海軍に敗れ、前479年にはプラタイアイでも敗北した。ダリウス1世の治世から3回にわたって行われたギリシア征服の試みは不成功に終わった。
 クセルクセス1世の子アルタクセルクセス1世の時代、前450/前449年にカリアスの和約が結ばれ、ペルシアはギリシア諸市に対する影響力を失った。王の死後、宮廷内では王位継承の争いが起こって王の長子クセルクセス2世は殺され、前424年庶子のダリウス2世が王位についた。王はアテネを牽制(けんせい)するためにその敵対国スパルタに資金援助をした。その結果ペロポネソス戦争は激化しペルシアの外交政策は成功した。次王アルタクセルクセス2世の治世、前401年には弟のキロスが反乱を起こしたが制圧された。この時代になると帝国の統一は崩れ、エジプトの独立など各州の謀反が相次ぎ、王家の権威は衰退してきた。スパルタはペルシアとの長年の戦争を終結させるため前386年和平条約(アンタルキダスの条約)を結び、小アジアのギリシア諸市とキプロスに対するペルシアの支配権を認めた。
 前359年即位したアルタクセルクセス3世は、エジプトをふたたび服属させ、ダリウス1世以降においてもっとも国力の安定した時代となった。しかし王は重用していた宦官(かんがん)バガオスに殺され、王位はアルメニア総督だったダリウス3世が前336年に継いだ。当時ギリシア諸市は衰退し、台頭してきたフィリッポス2世治下のマケドニアに服していた。ペルシア征服のため全ギリシアの同盟を結成したフィリッポス2世は暗殺され、この事業はその子アレクサンドロスが達成した。ダリウス3世はマケドニア軍に、前333年にはイッソスで、前331年にはガウガメラの戦いでも大敗を喫した。そして前330年、王はサトラップのベッソスに殺され、ペルシア帝国は滅亡した。[吉村作治]
『ギルシュマン著、岡崎敬・糸賀昌昭・岡崎正孝訳『イランの古代文化』(1970・平凡社) ▽伊藤義教著『古代ペルシア』(1974・岩波書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のペルシア帝国の言及

【アケメネス朝】より

…ペルシア帝国を支配した王家。前700年ごろ,ペルシア人の族長アケメネス(ギリシア語名アカイメネス,古代ペルシア語名ハカーマニシュ)にさかのぼる。…

【シリア】より

…前612年には,アッシリアの首都ニネベがメディア人によって滅ぼされたが,シリアは引き続きアラム系の新バビロニア(カルデア)帝国の支配下にあった。ペルシア帝国の最初の王キュロス2世が前539年に新バビロニアの首都バビロンを征服し,アナトリアまでを支配下においた。その間に,アッシリアによって強制移住させられていたシリア人たちは,故郷に帰った。…

【哲学】より

…このような本来の哲学の知を,以下においてその始原に立ち還って世界文明史の中に跡づけてみたい。
[世界国家と哲学の始まり]
 前1千年紀のアケメネス朝ペルシア帝国以来,人類は局所的世界国家の時代を迎えた。〈局所的local〉というのは,地球上の人類社会の一部の地域に局限されていたからである。…

※「ペルシア帝国」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ペルシア帝国の関連キーワード岡山市立オリエント美術館古代オリエント博物館トリエントオリエン太オリエントより愛をこめて古代オリエント博物館カードおりえんとびいなすカンビュセス[2世]板倉勝正ディオドロス

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ペルシア帝国の関連情報