コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ペンテコスト[島] Pentecost Island

1件 の用語解説(ペンテコスト[島]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ペンテコスト[島]【Pentecost Island】

南西太平洋バヌアツ共和国を形づくるニューヘブリデス諸島の島。全長61km,最大幅12kmの細長い島で,面積438km2。人口約7000。言語的に北部,中部,南部と三つの地域に分けられる。南部に行くにしたがって標高が高くなる(最高点は934m)。バヌアツ首相の生地である北部は,バヌアツの中でも最も洗練された地域の一つで,重要人物を輩出している。すべてキリスト教徒で教育レベルが高いが,伝統文化にも強い愛着をもち,中でも豚を殺す儀式は人々の生活での最大の関心事である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ペンテコスト[島]の関連キーワード亜寒帯海流サンタクルーズ諸島大洋区ドイツ共和国バヌアツパラオ諸島メラネシア環太平洋胎土ニューヘブリディーズ諸島

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone