コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ペンテコスト[島] Pentecost Island

世界大百科事典 第2版の解説

ペンテコスト[島]【Pentecost Island】

南西太平洋,バヌアツ共和国を形づくるニューヘブリデス諸島の島。全長61km,最大幅12kmの細長い島で,面積438km2。人口約7000。言語的に北部,中部,南部と三つの地域に分けられる。南部に行くにしたがって標高が高くなる(最高点は934m)。バヌアツ首相の生地である北部は,バヌアツの中でも最も洗練された地域の一つで,重要人物を輩出している。すべてキリスト教徒で教育レベルが高いが,伝統文化にも強い愛着をもち,中でも豚を殺す儀式は人々の生活での最大の関心事である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ペンテコスト[島]の関連情報