ニュー

精選版 日本国語大辞典「ニュー」の解説

ニュー

(new)
[1] 〘語素〙 「新しい」のを添える語。「ニューフェース」「ニューファッション」など、他の外来語と複合して用いられることが多い。〔外来語辞典(1914)〕
※怪貞操(1927)〈北村兼子〉「オールド家庭婦人とニュー職業婦人とは働きもちがへば」
[2] 〘名〙 (しばしば「おニュー」の形でも用いる) 衣服や身の回りの品物について、おろしたての物をいう。新品。〔舶来語便覧(1912)〕
※若い人(1933‐37)〈石坂洋次郎〉上「『ニュー!』『靴か。当り前さ』」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「ニュー」の解説

ニュー(new)

新しいもの。新品。「おニューの服」
外来語の上に付いて、新しい、の意を表す。「ニューカップル」
[類語]新規新しいあらさら新調新型新式新来新手あらて最新真新しい目新しい耳新しい斬新新奇現代的先端的最新鋭最先端真っ新新機軸一生面初耳新説出来立てほやほやモダンアップツーデートナウナウいヒップトレンディー

ニュー(Ν/ν/nu)

〈Ν・ν〉ギリシャ文字の第13字。
〈ν〉ニュートリノ記号

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のニューの言及

【度量衡】より

…(3)道具のサイズによる度 (ハ)の系統の例としては,長さをはかるための綱や糸にちなむものがあり,既述の古代エジプトの数記号もそれと間接的に関係していたわけだが,これも既述のドイツのクラフテルは,ファーデンFaden(糸の意)とも呼ばれ,測定用具としての糸との関連をうかがわせるところがあった。なお,長さではなく速さの単位としてだが,イギリスのノットknot,ドイツのクノーテンKnoten,フランスのニューnœudは,糸の結び目を意味するが,それを使う速度判定法との関連で,航海速度の単位に名をとどめている。(4)人や家畜の能力による度 今度は(ニ)の系統の話であるが,一定時間内に進む道のりのたぐいのものがいくつも知られている。…

※「ニュー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android