コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ペースト ぺーすと

10件 の用語解説(ペーストの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

ペースト

コピーまたはカットし、一時的にクリップボードに保存してあるデータを、アプリケーション側に出力するコマンドのこと。データを任意の箇所に貼り付けるという意味合いから「貼り付け」とも呼ばれる

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

パソコンで困ったときに開く本の解説

ペースト

⇨コピー&ペースト

出典|(株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ペースト(paste)

肉・内臓や野菜などをすりつぶした食品。「レバー―」
はんだ付けに用いる、松やになどの樹脂塩化亜鉛を加えた糊(のり)状のもの。
コンピューターで、文章・図形などのデータを一時的にメモリー上に置き、他の位置にそれを転写すること。貼り付け。「コピーアンド―」

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典の解説

ペースト

 (1) すり潰した形態の食品.(2) バッターとドウの中間の状態の軟らかさのもの.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

ペースト【paste】

肉・野菜などをのり状・練り物状にした食品。レバーペーストトマトペーストなどがある。

出典|講談社
(C)Kodansha 2010.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

IT用語がわかる辞典の解説

ペースト【paste】

コンピューターの操作画面において、コピー(複写)した文字列や画像などを、他の位置に転写すること。◇「貼り付け」ともいう。⇒コピーアンドペースト

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ペースト【paste】

魚肉,レバー,トマトなどをすりつぶして柔らかく滑らかにした食品。例えばレバーペーストは,牛や鶏,豚のレバー(肝臓)をゆでて裏ごしし,バター香辛料,調味料などを加えて練る。パンに塗って,そのまま食べたり,オードブルカナッペなどに使う。トマトペーストは,トマトを煮て裏ごしして皮や種を除き,さらに煮詰めて水分を少なくしたもので,西洋料理煮込みソースなどの調味料として用いる。このほか,アンチョビーペースト,アーモンドペーストなどがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ペースト【paste】

のり
はんだ付けの効果をあげるために用いる糊状の助剤。
肉や野菜などを煮てすりつぶし,練った食品。
任意のデータをクリップボードと呼ばれる一時的な記憶領域に保存し,別の位置にその内容を貼り込むこと。 → カット-アンド-ペースト

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ペースト
ペースト
paste

糊状になった食品。魚・肉類の肝臓などをすりつぶしてからゆがいて,調味料,香辛料を加えた各種のレバーペーストが一般的である。普通の肉類に比べて無機質ビタミン B2 が豊富なので,貧血症の人,妊婦,乳幼児によいとされる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ペースト
ぺーすと
paste

すりつぶした状態の食品のこと。肉、魚、果物、野菜など各種のものがある。材料をすりつぶし、水分の多いものは濃縮し、少なくて固いものは液体を加え適度な粘度に調節する。加熱調理と調味をして瓶詰、缶詰に加工したものが多い。肉類ではチキンペースト(鶏肉)、レバーペースト(ウシ、ブタ、ニワトリなどの肝臓)、魚ではアンチョビーペースト(イワシの塩蔵発酵品)、野菜でトマトペーストがある。そのほか、アーモンドペースト、ごまペーストなどがある。また、各種のベビーフード、練りうに、なめみそ、海苔佃煮(のりつくだに)なども一種のペーストである。ペーストはそのままでカナッペやサンドイッチに用いる。また、ソースのベース、和(あ)え物など調味料としても用いられる。
 小麦粉に水や牛乳とバターなどを加えてこねた生地(きじ)のなかで、パンやケーキなどより柔らかいものをペーストとよぶ。たとえばシュークリーム用のシュー生地やクレープ生地をペーストという。[河野友美]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ペーストの関連キーワードえっ加茂紙仮に渋煎代用粘体ハームレス増粘安定剤増粘剤

今日のキーワード

パラリンピック

障害者スポーツ最高峰の大会。国際パラリンピック委員会(IPC : International Paralympic Committee)が主催している。もう1つのオリンピックという意味を表すparal...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ペーストの関連情報