コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ペーパークロマトグラフィー paper chromatography

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ペーパークロマトグラフィー
paper chromatography

クロマトグラフィーの1種。ろ紙クロマトグラフィーとも呼ばれ,PC,PPCと略記されることがある。 1944年 A.マーティンおよび R.シングによって初めて試みられた方法で,支持体としてろ紙を用いることで,他のクロマトグラフィーと区別される。乾いたろ紙の一端から少し離れたところに試料を付着させ,その端を適当な溶媒に浸すと,毛管現象による溶媒の浸透に伴って試料中の各成分はそれぞれ別のスポット (斑点) として移動し,溶媒の浸透が続けば,それに対応して各スポットの移動・分離が起る (→展開 ) 。対象とする物質が無色の場合は適当な呈色試薬によって検出する。原理的には分配型クロマトグラフィーに分類され,ろ紙のセルロースに含まれている水と溶媒との間の分配係数に対応して,各成分の相互分離が起る。成分スポットの移動距離と溶媒の浸透した距離の比は Rf値と呼ばれ,成分物質の同定に利用できる。この方法は簡便であるので,のちに考案された薄層クロマトグラフィーとともに微量物質の確認・同定に広く利用されている。異なる溶媒を用いて直角方向に2回展開する二次元法や,ろ紙にあらかじめ流動パラフィンなどの親油性溶媒を含ませておき,展開溶媒として親水性溶媒を用いる逆相法などが考案されている。またスポットの検出には特性基の呈色反応のほか,紫外線によるケイ光検出も利用される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ペーパー‐クロマトグラフィー(paper chromatography)

濾紙(ろし)の一端に試料溶液をつけ、これを展開させるための溶剤をしみこませ、毛細管現象によって試料混合物中の微量成分を分離・分析する方法。濾紙クロマトグラフィー

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

ペーパークロマトグラフィー

クロマトグラフィーの一種で,固定相として濾紙(ろし)を用いる方法。1944年A.J.P.マーティンらが考案。濾紙の一端に試料溶液を少量落とし,その端を適当な展開液中に浸しておくと,展開剤がしみ込むにつれて試料中の成分が分離,確認される。
→関連項目ろ(濾)紙

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

栄養・生化学辞典の解説

ペーパークロマトグラフィー

 ろ紙クロマトグラフィーともいう.ろ紙を担体として行うクロマトグラフィーで,固定相はろ紙に吸着している水となる.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

ペーパークロマトグラフィー【paper chromatography】

溶媒を移動相として、濾紙ろし上で試料を展開するクロマトグラフィー。アミノ酸・糖などの有機化合物のほか、無機イオンの分離・分析にも用いる。濾紙クロマトグラフィー。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ペーパークロマトグラフィー
ぺーぱーくろまとぐらふぃー

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のペーパークロマトグラフィーの言及

【クロマトグラフィー】より

…移動相は成分を前進させる力として,固定相はこれに抵抗してとどめようとする力として働いている。なお,分離は図の上から5段目または6段目あたりで止める方法(後述の薄層クロマトグラフィーやペーパークロマトグラフィーの場合)と成分ごとに溶出させて検出器に導き,クロマトグラムを自動的に得る方法(ガスクロマトグラフィーや高速液体クロマトグラフィーの場合)とがある。 固定相の種類を選ぶことによって,吸着,溶解,分子ふるい,イオン交換などの現象を利用できる。…

※「ペーパークロマトグラフィー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ペーパークロマトグラフィーの関連キーワードマーチン(Archer John Porter Martin)ルンゲ(Friedlieb Ferdinand Runge)ろ(濾)紙クロマトグラフィーA.J.P. マーティンオートラジオグラフィーペプチドマップワットマン紙有機化合物無機イオンシャルガフ化学実験ルンゲリン酸