ホオノキ(朴の木)(読み)ホオノキ(英語表記)Magnolia obovata

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホオノキ(朴の木)
ホオノキ
Magnolia obovata

モクレン科の落葉高木。日本の特産種で,各地の山地林中に生える。幹は直立してそびえ高さ 20m,直径 1mにも達し,帯白色の樹皮をもつ。上方でまばらに分枝した枝には,倒卵形で長さ 30cmに達する大きな葉をやや輪生状に集めてつける。葉の裏は粉をふいたように白い。また若芽は赤みを帯びて美しい。5月頃,枝の端に径約 20cmもの帯黄白色の花をつけ,強い香気を放つ。花弁,おしべめしべとも多数あり,タイサンボクの花に似ている。秋に長楕円形の果実となり,中に白い糸を引く赤い種子ができる。材は柔らかく黄色みを帯び,版木,刀の鞘,下駄の歯などに使われる。また古くから葉を握り飯や味噌などを包むのに用いた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ホオノキ【ホオノキ(朴の木) Japanese white bark magnolia】

山野に普通なモクレン科の落葉高木(イラスト)。枝先に大きな葉が輪生状について傘のようで,その先に白い大きな花をつけ,強い芳香を放つ。高さ30m,胸高直径1.2mもの大木になる。枝はまばらにつき,その間を長さ80cmにもなる倒卵形の大きな葉がうめる。主として河川沿いの土壌の深い平坦地に見られる。日本固有で南千島,北海道,本州,四国,九州に分布する。材は軟質で均一なため細工がしやすく,家具調度品によく用いられ,また朴歯の下駄は有名。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android