コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホオノキ(朴の木) ホオノキMagnolia obovata

2件 の用語解説(ホオノキ(朴の木)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホオノキ(朴の木)
ホオノキ
Magnolia obovata

モクレン科の落葉高木。日本の特産種で,各地の山地の林中に生える。幹は直立してそびえ高さ 20m,直径 1mにも達し,帯白色の樹皮をもつ。上方でまばらに分枝した枝には,倒卵形で長さ 30cmに達する大きな葉をやや輪生状に集めてつける。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ホオノキ【ホオノキ(朴の木) Japanese white bark magnolia】

山野に普通なモクレン科の落葉高木(イラスト)。枝先に大きな葉が輪生状について傘のようで,その先に白い大きな花をつけ,強い芳香を放つ。高さ30m,胸高直径1.2mもの大木になる。枝はまばらにつき,その間を長さ80cmにもなる倒卵形の大きな葉がうめる。主として河川沿いの土壌の深い平坦地に見られる。日本固有で南千島,北海道,本州,四国,九州に分布する。材は軟質で均一なため細工がしやすく,家具調度品によく用いられ,また朴歯の下駄は有名。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone